8 各論3:体温(消化器系):肝胆膵(3)肝臓・代謝異常(5:痛風1)

代謝異常の3つ目、痛風に入りましょう。

痛風は血液中尿酸値が高くなりすぎて、体内で結晶化してしまったもの。

やたらととんがった尿酸塩結晶が原因でした。

尿酸は鳥類等のタンパク質排出形態ですが、ヒトでは尿素で排出でしたね。

ヒトで尿酸になってしまうのは、

核酸(の塩基のうちプリン塩基)を体の外に捨てるときです。

 

そもそも、尿酸が作られなければ痛風にはなりません。

尿酸を作る酵素キサンチンオキシダーゼを邪魔する薬が、アロプリノール(ザイロリック)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00048894

禁忌は過敏症としか記載されていませんが、慎重投与に注意してみてください。

肝臓や腎臓の障害、高齢者、

メルカプトプリン使用中、ペントスタチン使用中が慎重投与対象です。

 

肝臓や腎臓の働きが悪いと、代謝と排泄がうまくできません。

薬の血中濃度が高めになって、副作用が怖くなってきますね。

高齢者は、肝臓や腎臓の働きが衰えてきていることが多くなります。

メルカプトプリン(ロイケリン)というのは、抗がん剤の一種。

アロプリノールと併用すると、肝臓で同じ酵素を代謝に使うため、

メルカプトプリンの働きが強く出て…

抗がん剤の働きの1つ「骨髄抑制(血球産生抑制)」が強くなりすぎてしまいます。

あと、なぜかは分かっていませんが

抗がん剤の一種ペントスタチン(コホリン)と併用すると、

過敏反応が出やすくなってしまいます。

 

一応妊婦・妊娠可能性のある人に対する安全性は未確立、乳汁移行が報告されています。

でも痛風は9:1くらいの割合で男性に多い病気。

これは女性ホルモンが尿酸排泄に協力してくれているから。

だから、女性で痛風が起こるときの多くは

閉経後(女性ホルモンが出なくなった後)で、そのときには妊娠可能性がありません。

だから「妊婦・妊娠可能性、授乳中」に対する使用注意点は、

念のために頭の片隅に入れておけば大丈夫そうですね。