2 脈拍・血圧のおはなし(1)心臓3:心電図異常(1)

2020年3月27日

4 心電図の異常

心電図の基本については、解剖生理学で勉強しましたね。

「正常な波の形が分かる」のが出発点です。

その波の形ができるためには、

刺激伝導系の命令通りに心筋が収縮することが必要。

さらに心筋が収縮するためには、

血液中のミネラルが正常に保たれている必要もあります。

ぜひ解剖生理学教科書の該当部を広げながら、

異常心電図とおかしくなった場所を確認してみてください。

 

心停止は、心電図の波がなく、真っ平。

生命最大の危機か、生命終了後のどちらかです。

 

心室細動(Vf)は、心室がプルプル小刻みに動いているだけで、

血液を送り出せていない状態です。

すぐに心停止につながる可能性が高い、

すごく危険なAED対応の心電図。

多くは今まで勉強してきた心疾患を前提に起こります。

でも前触れなく起きる

「特発性心室細動(ブルガダ症候群)」もあることに注意です。

心疾患持ちの患者さんがいたら、

「心室細動が起きるかもしれない…」の意識をお忘れなく。

 

心室頻拍(VT)は、

早い脈(120~250回/分)が3連発以上みられるもの。

頻拍中は心室中に血液がたまる前に心室が収縮していますから、

十分な血液を送り出せていません。

そのせいで動悸・息切れから、

血圧低下による悪心・失神・ショックを起こす可能性もあります。

心室細動につながることもある、これまた危険な脈ですね。

対処はAEDや抗不整脈の静脈注射になります。

こちらも

「原則心疾患前提、例外として特発性」があることを覚えておきましょう。

 

同じく頻脈が起こるものが上室性頻拍。

上室性頻拍の原因は「心室より上」。

…心房か、洞房結節か、房室結節ですね。

本来ないはずの近道(副伝導路)があるせいで、

1回の刺激発生から2回心室が収縮してしまいます。

心電図を見ると、

QRSの前に変な角度の付いた波(デルタ波)が出ています。

これが「WPW症候群の、ケント束(近道)による、デルタ波」です。

1分間当たり100~260回をならして、

平均180回/分くらいの頻脈になります。

心室の「動き」だけをみれば正常ですが…

急に動悸・息切れ・めまい等を起こして、急に治まります。

一応、副交感神経系刺激で洞房結節の伝導を抑制すれば、

頻脈が止まることがあります。

具体的には「まぶたの上からのやさしい眼球圧迫」、

「冷たい水を顔にかける」、

「口を閉じたまま息を吐く動きをして胸腔内圧を高める

(バルサルバ手法)」などですね。

ただ、近道自体がなくなるわけではありませんから、

やはり根本的解決には手術になってしまいます。