9 呼吸器系のおはなし(3)骨の異常(1)

「呼吸」に反映されるおはなしの続き。

胸郭の外側になる肋骨と胸骨がないと、

胸郭を保てません。

呼吸筋に「動け!」と命令してくれる

神経(呼吸中枢)がないと、

胸郭の大きさが変わらず、

肺胞に空気を出し入れすることができません。

「呼吸」のおはなしを支える土台になっているのが、

今回の内容です。

肋骨と胸骨だけが骨ではありませんね。

骨と関節の基本についてはおはなししてありますので、

「骨と関節の異常」に注目しましょう。

呼吸中枢については「中枢(脳)」にも関係するので、

最後におはなししますよ。

 

1 骨の異常

骨の「おかしい!」でイメージしやすいのは骨折ですね。

血球のできる場所、骨髄の炎症(骨髄炎)もお忘れなく。

ただ、骨髄炎の原因の1つは骨折ですから、

先に骨折についておはなししましょう。

 

最初に注意。

結構年代別特殊事情が多いところです。

でも基本が分からないと、

何が特殊かを説明できません。

だから、骨折の基本事例として

「大腿骨骨幹部骨折」と「脊椎骨折」を先にします。

その後、年代別特殊事情として「小児の骨折」と

「高齢者の骨折」のおはなしをしますからね。

 

(1) 骨折

A 大腿骨骨幹部骨折

大腿骨骨幹部は、太ももの骨のど真ん中。

大腿骨近位部は股関節の一部、

大腿骨遠位部は膝関節の一部ですね。

大腿骨は人体最大の強靭な長管骨。

しかも周りは大腿四頭筋、大腿二頭筋等の

分厚い筋肉で覆われています。

だからそうそう折れることはないはずですが…

折れてしまったら

転落や交通事故等のよほどの力が加わった証拠。

他の骨も折れている可能性がありますよ。

 

大腿骨が折れると、立つことができません。

すごく腫れ(高度腫脹)、痛み(疼痛)、

時間がたつと血圧低下を起こしてショックの危険です。

大腿骨骨折は、単独骨折かつ皮下骨折で済んでも、

1ℓくらい出血しますよ。

皮下骨折というのは、

折れた骨が皮膚の下でとどまっている状態。

体の外側から見れば「閉じた空間」内での骨折なので、

「閉鎖骨折」とも呼びますね。

「開放骨折」は、

皮膚の外(体の外)に骨が出てしまった状態。

こちらは格段に感染の可能性が高まります。

「単純骨折」というのは、1本の骨の骨折。

「複雑骨折」というのは、複数の骨の骨折です。

「ひびが入った」も立派な骨折であることをお忘れなく!