14 各論8:ウイルス(2)RNAウイルス(13)

M ナイロウイルス科

ナイロウイルス科は、

以前はブニヤウイルス科と分類されていたウイルスの一部。

クリミア-コンゴ出血熱ウイルスがナイロウイルス科の代表で、

クリミア-コンゴ出血熱も

先程(エボラ出血熱、マールブルグ熱)に続いて1類感染症です。

先程のエボラウイルスやマールブルグウイルスが

アフリカに集中しているのに対し、

クリミア-コンゴ出血熱は

「アメリカ大陸と日本以外にはいる!」つもりでいてください。

家畜等からダニによる感染が主な感染ルートですが、

感染した動物・ヒトの体液からの感染も見られます。

発症は感染者の20%ほど。

しかも発熱、頭痛、筋肉痛で済む軽症例が多い傾向にあります。

とはいえ重症化してしまうと肝不全・腎不全や出血傾向を起こし、

約半数が命を奪われてしまうことになりますよ。

 

N アレナウイルス科

ここに含まれるのはラッサ熱の原因「ラッサウイルス」と、

南米出血熱を起こす複数のウイルスたち。

ラッサ熱も南米出血熱も感染症法1類感染症です。

 

南米出血熱はネズミの糞尿を介してヒトに感染します。

名前の通り中南米にウイルスが分布していて、

原因ウイルスが複数であることから

個々のウイルス名について問われることはないはず。

 

ラッサ熱はマストミス(アフリカのネズミの一種)の糞尿からヒトに感染し、

その後はヒトからヒトへと感染します。

アフリカ(特に西部)にいるウイルスです。

感染して、発症するのは約20%。

高熱、頭痛、筋肉痛から始まり、

重症化すると出血傾向、血圧低下、ショックを起こします。

致命率(命を奪われてしまう確率)はごく低いとされていましたが、

2015年のナイジェリア流行では

半数を超える患者の命を奪いました(致命率50%超)。

RNAウイルスがいつ、どんな変異を起こすか分からない

教訓的な一例ですね。