6 筋骨格系のおはなし(6)

筋肉のおはなし一段落。

骨のおはなしに入ります。

 

骨の基本構造は骨膜・骨質・骨髄です。

「白くてかたい!」イメージ通りの骨は、骨質

その外側(骨膜)と内側(骨髄)は、骨のイメージとはだいぶ異なりますよ。

外側の骨膜には神経があり、主に成長するのはこの部分です。

成長期には分厚い膜ですが、

成長期が終わると薄い膜に変わってしまいます。

骨質は白くて硬く、ここにカルシウム等のミネラルが貯蔵されます。

ここに神経はないため、骨折した後に金属等のプレート固定が可能になります。

骨折の痛みは、骨膜の痛みですからね。

骨質の内側にあるのが骨髄。

白い骨の中にある、血球を作る赤い部分です。

造血幹細胞はここで生まれて、各種血球に分化していきます。

リンパ球の1つ、B細胞の成熟場所「骨髄(Bone Marrow)」でもありますね。

血球については、生化学「12 血液」へ。

でも、成人では「骨髄が赤い骨(赤色骨髄)」はそう多くありません。

もう血球をたくさん作らなくても大丈夫…と

多くの骨髄では次第に黄色い脂肪で埋まっていきます。

この脂肪が詰まった骨髄が「脂肪骨髄(黄色骨髄)」。

大きな骨が折れたときに怖い脂肪塞栓が生じる原因です。

 

いい機会なので、「塞栓」の説明。

塞栓というのは、何か塊が流れてきて詰まった状態です。

脂肪が流れてきたら脂肪塞栓。

空気の塊が流れてきたら空気塞栓。

細菌の塊が流れてきたら細菌塞栓です。

特に、血液の塊(かさぶた:血液凝集したもの)だったときは「血栓」です。

これに対して、

「梗塞」というのは、何らかの原因で細胞が死んでしまったもの。

主に細胞が死んでしまった場所の名前が付きますね。

脳で細胞が死んでしまったら脳梗塞。

心臓で細胞が死んでしまったら心筋梗塞です。

梗塞は原因を問わずに、「細胞が死んでしまった」結果を重視します。

原因は塞栓で血液が細胞に届かなくなったせいかもしれませんし、

他の原因かもしれません。

状態を見ているのが塞栓、結果を見ているのが梗塞ですよ。

 

骨(骨質)の主成分はコラーゲン、カルシウム、リンです。

コラーゲンはタンパク質。

くるくる巻いたらせん状のコラーゲンの隙間に、

水やカルシウム、リンがたまっていきます。

倉庫がコラーゲン、

倉庫に貯めていくものがカルシウムやリン(リン酸)ですね。

リン酸の形になってカルシウムと手をつないだものの例が「ヒドロキシアパタイト」。

歯の主成分と同じです。

この倉庫は、一度作ったら終わりではありません。

倉庫補修…それが次回おはなしする「骨代謝」です。