7 各論2:脈・血圧(血管):高血圧・低血圧(2)昇圧薬(2)

前回のお薬の禁忌等を、

簡単なところから紹介していきましょう。

 

シンプルなのはα受容体刺激薬のミドドリン。

甲状腺機能亢進症と褐色細胞腫が禁忌です。

http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00061045.pdf

「甲状腺機能亢進中では、交感神経系刺激で過度な反応を示すことがある」

こう添付文書に書いてあります。

でも甲状腺機能が亢進していたら、原則として高血圧に傾くはずです。

また、褐色細胞腫は副腎髄質ホルモン産生過剰。

これまたノルアドレナリン過剰なら、高血圧に傾くはずですね。

だから、これら禁忌のときに

病気そのもので昇圧を必要とするとは考えにくいですね。

これらの病気で昇圧必要性があるのなら、

そのために使っている薬の副作用等を考えた方がよさそうですよ。

 

また、受容体刺激のエチレフリン(エホチール)もシンプル。

心室性頻拍のある人は禁忌です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00056275

交感神経系が刺激されたら、

興奮モードになりますから心収縮は早く強くなります。

もともと頻拍の人に交感神経系受容体を刺激したら、頻拍がひどくなってしまいますね。

イメージ、難しくないと思います。

 

神経伝達物質そのものに関係するお薬は、禁忌が増えてきますよ。

アメジニウム(リズミック)は、不活性化を邪魔することで

ノルアドレナリンが「増えたように」する薬。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00000102

褐色細胞腫と甲状腺機能亢進症が禁忌なことは、いいですよね。

追加して高血圧症、緑内障、残尿のある前立腺肥大症の人も禁忌です。

 

交感神経系優位モードは、心拍出力が向上して血圧が上がるので、高血圧は悪化。

瞳孔が開くので、寄せたカーテン(虹彩)のせいで房水の行き場がなくなり、

眼圧上昇して緑内障が悪化…までは今まで勉強してきた通り。

 

前立腺肥大は、そもそも尿閉の一原因。

男性の膀胱出口付近(尿道とのつなぎ目)は、前立腺が取り巻いています。

性交時に前立腺液を分泌する、生殖器系の一部ですね。

前立腺内の平滑筋(膀胱の出口付近も)には、α1受容体がたくさんあります。

そこに交感神経系神経伝達物質が増えたように働き続けたら、

尿道がどんどん狭くなり…尿を出せません(尿閉)。

尿は体の外に捨てるためのもの。

捨てなくちゃいけないものを捨てられない尿閉は危険な状態です。

前立腺が肥大しているだけでも十分リスクなのに、

さらに尿閉の可能性が高めてしまうのですから、禁忌になるのです。