9 呼吸器系のおはなし(1)通り道と赤血球(4)

2 気管・気管支の異常

空気の通り道にあたる、

気管と気管支はただの管ではありません。

姿勢によってつぶれてしまわないように

輪状の軟骨に覆われていて、

太さを多少変えられるように平滑筋が付いています。

内側は粘膜で覆われ、

異物侵入を防ぐための繊毛が生えています。

鼻や口を経由し、

食べ物と共通通路の咽頭を超えて、

咽頭に入ってきた空気は気管に入ります。

 

気管は最初の枝分かれで

右と左の主気管支に分かれますが、

枝分かれは左右対称ではありませんね。

右に向かう分かれ道は直滑降なので

異物は右に落っこちやすくなっています。

どんどん枝分かれを繰り返し、

20~25回の枝分かれで交換所の肺胞に到着です。

 

(1)かぜ症候群

まずは、一番身近な「かぜ(かぜ症候群)」から。

鼻腔から声門までの「上気道」から

声門以下の「下気道」に至る、

呼吸器系に急性の炎症を起こし、

約1週間の経過で治癒に向かうのが、かぜ症候群。

上気道だけに限定して、主に鼻症状(鼻汁、鼻閉)で、

発熱・頭痛・関節痛といった全身症状が少ないと、

「普通感冒」と呼ばれることもあります。

「あれ?風邪ひいた?」状態ですね。

 

8~9割は、ウイルス原因。

残りが細菌、マイコプラズマ、クラミジア等のせいです。

ウイルスのトップ2は、

ライノウイルスとインフルエンザウイルス。

ここではライノウイルスとインフルエンザウイルスによる

かぜ症候群に限定しておはなししますね。

 

ライノウイルスはRNAウイルス。

自分の情報を伝える記録媒体がRNAということは、

情報のお直しがなく1本鎖であることから、

すぐに変化することが分かりますね。

100種類以上のタイプがあり、

1つのタイプに免疫ができたと思ったら、

次にかかった…ということも起こります。

ライノウイルスの大好きな温度は33~35℃。

体温より低いところ好きなので、

上気道のうち特に鼻腔で増えやすいですね。

ただ、免疫が不十分な小児では、

副鼻腔炎だけでなくもっと奥まで入り込んで、

気管支炎や肺炎、中耳炎を起こすこともあります。

主に手指経由の接触感染ですから、手洗いをしっかりと!

 

インフルエンザウイルスもRNAウイルス。

A型とB型に大別できますが、

これまたすぐに抗体対象になる部分(抗原:表面構造)が

変わってしまいます。

気道で増殖して、咳、くしゃみが出るだけではありません。

1~2日の潜伏期を経て、急性の強い全身症状が出てきます。

高熱、頭痛、筋肉痛、全身倦怠感…肺炎を起こすこともあります。

インフルエンザウイルスのワクチン接種が毎年問題になるのは、

この急性・強力な全身症状があるせいです。

 

肺炎さえ合併しなければ、1週間ほどで改善してくるはず。

肺炎合併のハイリスク因子は、免疫不全はもちろん、

慢性呼吸器疾患、腎疾患、心疾患、高血圧、糖尿病。

呼吸器疾患以外は、勉強済みですね。

抗ウイルス剤はありますが、

可能ならばワクチン(不活化ワクチン)接種を

しておいた方がいいですよ。