8 各論3:体温(消化器系):小腸・大腸(1)小腸(2:麻痺性イレウス2)

メトクロプラミド慎重投与対象は、

「腎障害のある人・小児・高齢者」と

「脱水・栄養不良を伴う身体的疲弊のある状態」です。

腎障害のある人や小児、高齢者では

排泄(E)が不十分になりがちで、血中濃度が高くなる恐れがあるからですね。

 

脱水・栄養不良等があると何が悪いのか。

悪性症候群を起こしやすくなるのです。

頻脈・発汗・発熱に嚥下困難や無動が出たら危険なサイン。

交感神経系の暴走状態です。

すぐに薬を止めて、水分を補給して体を冷やしてあげる必要があります。

さもないと、脂質異常症の中性脂肪分解薬(ベザフィブラート)で出た

横紋筋融解症のサインの1つ「ミオグロビン尿」を伴う、

急性腎障害が起こってしまいます。

そうすると脱水から循環虚脱。

意識障害や呼吸困難まで起きてしまうと、死はもう目前です。

 

とどめに、重大副作用の確認。

アナフィラキシーショック、けいれん、意識障害が起こる可能性があります。

これらと比べると危険性は下がりますが…

遅発性ジスキネジアという口周りの不随意運動

(動かすつもりはないのに動いてしまう)が出てくることがあります。

長期使用してときの副作用なので、

「麻痺性イレウスの薬としてメトクロプラミドを使った」

ときには出会う機会があまりないかもしれません。

でも「精神の薬として抗ドパミン薬を使った」ときには、

かなりの高確率で出会うことになる副作用です。

 

内分泌系異常(プロラクチン亢進)、錐体外路症状、

悪性症候群と遅発性ジスキネジア。

精神分野で出てくる副作用・要注意ポイントの予習でした。

抗ドパミン薬で起こるものであるということと一緒に、頭に入れておいてくださいね。

 

次回から、大腸に効くお薬のおはなしです。