8 各論3:体温(消化器系):小腸・大腸(2)大腸(1:潰瘍性大腸炎とクローン病1)

大腸の働きは水分を吸収することと、

食べ物の残りかすを体の外に出すことです。

水分の吸収が多すぎると、便が硬くなりすぎて

体の外に出しにくい便秘になってしまいます。

逆に水分の吸収が少なすぎると、便が形にならずに体の外に出ていく下痢ですね。

 

正常な便では約1/3は水分。

残りは約1/3が食べ物の残りかすで、約1/3は腸内細菌の死骸ですよ。

 

大腸が変になってしまう病気として、

潰瘍性大腸炎とクローン病をおはなししましょう。

潰瘍性大腸炎は、その名の通り大腸に潰瘍ができてしまう病気。

クローン病は大腸に炎症ができる病気ですが、

炎症のできる場所は消化管全体。

大腸に限定されないところがポイントですね。

 

どちらも栄養状態が悪くなると症状がひどくなるので、栄養管理をしっかりと。

場合によっては、経管栄養や中心静脈栄養(IVH)のお世話になりそうですね。

 

潰瘍性大腸炎にもクローン病にも効くお薬がメサラジン。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00060540

白血球の仲間を呼ぶシグナル、

ロイコトリエンの働きを抑えるなど炎症をおとなしくさせる薬です。

 

禁忌は重い肝障害や腎障害のある人。

これは薬の代謝で、肝臓や腎臓の働きをさらに悪化させる恐れがあるからですね。

そしてサリチル酸エステル又はサリチル酸塩類に過敏症のある人。

これらは抗炎症薬ですが、これらにアレルギーを起こすと

メサラジンにもアレルギー反応が出る「交叉アレルギー」が出る恐れがあるからです。

潰瘍の始まりでもある炎症を抑えたいのはやまやまですが、

一緒に使う薬にはちょっと注意が必要そうです。

 

また、併用注意のところに利尿剤とステロイド剤があります。

理由は尿量やナトリウム、カリウム、塩化物イオン等が

必要以上に体の外に出ていってしまう恐れがあるから。

ステロイド剤も、抗炎症目的で使いたい薬の1つです。

でも、使うときにはしっかりと水分量、

血液中ミネラル(イオン)濃度を確認しないと、

今度は循環系がおかしくなってしまいますよ!

 

次回はクローン病に効くインフリキシマブのおはなしです。

禁忌と警告が多い薬ですからね!