4 皮膚・粘膜のおはなし(8)

皮膚のトラブルのおはなしが続きましたね。

トラブルが元の状態に治るときには、

皮膚の細胞分裂が必要です。

細胞分裂するためには、血液(酸素と栄養物)のめぐりが必要。

今回は、皮膚の血行ということで、「くま」のおはなしです。

 

「くま」は目の周囲の静脈血のうっ血です。

動脈血がたくさん停滞しているのが充血。

静脈血がたくさん停滞するとうっ血です。

「くま」ができているときには、

大概寝不足や疲れ目とセットです。

疲れ目は、

目の焦点を合わせる毛様体筋が筋肉疲労を起こしたもの。

運動後に起こる足が重くて動かない状態が、

眼の水晶体(レンズ)の厚みを変える筋肉で起こったのですね。

 

停滞しているということは、

そこの血液の流れを良くしてあげればいいのですよね。

だから温熱アイマスクやツボ押し等が意味があるのですが…

一か所だけじゃなくて、

全身の血液のめぐりを良くする方が効果的です。

お風呂に入る、運動をする…難しいことじゃありません。

 

運動というと身構えてしまう人がいますが、

ストレッチは立派な運動です。

椅子から立ち上がって、膝の曲げ伸ばし。

アキレス腱もしっかり伸ばしておきましょう。

反動を付けずに上半身を前を見たまま左右に傾けて10数える。

腰をのばすように背骨を曲げずに前後に傾けて10数える。

…これだけでも軽く汗をかいて、脈が速くなってくるはず。

十分「運動」をしている証拠です。

 

コツは各動作をゆっくり、しっかり伸ばしているところを意識すること。

1時間に1回は目の焦点を変える意味でもストレッチ!

焦点距離が変わることと運動で血流が良くなること、

ダブルの意味で疲れ目には効果がありますよ!

さらにささやかではあっても「運動」に変わりはありませんから、

夜の寝付きが良くなります。

寝不足解消につながりますので、

「くま」防止にはもってこい!というわけです。

 

「くま」を本気で退治したいなら、

寝る前のPC、スマホ、メールチェックは禁止です。

強い光が目に入り、

睡眠を促すメラトニン分泌が妨げられてしまいます。

また、寝る前に食事をすることも避けないといけませんね。

どうしてもお腹が空いて眠れない!というときには、

可能ならばホットミルクが一番です。

体を冷やさずに温め、リラックス。

さらに最終的にメラトニンのもとになる

トリプトファンも含まれています。

温かい飲み物で、カフェインやアルコールが含まれないものならば

十分代わりになりますよ。