6 各論1:脈・血圧(心臓):不整脈・心不全(2)強心薬(3)

心不全の原因(心筋収縮力低下の原因)にはいろいろありますが。

そのうちの1つが高血圧です。

 

体内の血液量が多い(または血管が狭くなってしまった)ため、

全身に血液を送る心臓が必要以上に頑張らなくちゃいけない状態で…。

結果、心臓がばててしまいます(心不全)。

 

血管を広げる薬については、

狭心症のところでおはなししてありますね。

ここでは次の「血管」のおはなしにもつながる

「利尿による降圧剤」の一部をおはなしします。

 

利尿剤にもいろいろあるのですが、

ここではレニン・アンギオテンシン・アルドステロン系を邪魔する

ACE阻害剤のご紹介です。

レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系は

生化学の腎臓のところでおはなししましたね。

「血圧を上げるために唱える呪文」でした。

だから、ここを邪魔すると血圧を下げることができます。

 

「尿量が増えると、体内水分量が減り、体内循環量も減って血圧が下がる」

これ、早めに慣れてしまってくださいね。

 

具体的に邪魔するところは、

アンギオテンシン1をアンギオテンシン2に変える酵素

(アンギオテンシン変換酵素:ACE)です。

 

アンギオテンシン2は、アルドステロンに命令して

「ナトリウムイオンと水を再吸収して、カリウムイオンを分泌」させていましたよね。

水分が尿細管内(体の外)から毛細血管内(体の中)へと移動しますから、

体内循環量が増えて血圧が上がります。

さらにアンギオテンシン2は自分だけでも血管を収縮させる働きがあります。

そんなアンギオテンシン2ができるところを邪魔しますから、

血管内径の意味でも循環量の意味でも血圧が下がるのです。

 

効きが強くて便利に思えますが、残念ながら禁忌が多め。

例えばACE阻害剤に含まれるカプトプリル。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00062971

人工透析をしている人では、

人工透析用の膜やフィルターとの関係で、

血管拡張作用が強く出すぎる危険があるので禁忌。

妊娠中、妊娠可能性のある人、授乳中の人も禁忌。

胎児毒性・催奇形性、母乳中移行が報告されています。

また他に特定の降圧剤(アリスキレンフマル酸塩:ラジレス)を使っている人も、

腎障害や低血圧リスクが高いので禁忌です。

 

さらに、血管浮腫になった人も禁忌。

血管浮腫は皮膚や気道、消化管等に出来る突発性のむくみ。

唇だけにできると「たらこ唇」状になります。

基本的に数日で消えるため、

軽度なら病院にもかからずに放置されることも多いのですが…。

気道にできると、空気が通れずに呼吸困難に陥ってしまいます。

だから血管浮腫の誘因になりうるACE阻害剤の禁忌になるのです。

 

降圧のおはなしは、章をまたいで続きますよ。

次回からは「7章 血管」になりますが、

血圧に関する薬のおはなしは続いていきますからね。