数字なんか怖くない!:点滴計算のおはなし(4)

前回、ちゃんと検算まで終わりました。

もう1人でも解けますね。

同じ計算でも、

尋ねられ方(質問のされ方)が変わってくることがあります。

ちょっと練習しておきましょう。

 

「500㎖の輸液を、午前10時から1分あたり5/6㎖で開始した。

終了予定時刻を『午後…時』で答えよ」

 

ラッキー!何滴か計算しなくて済む!

…あれ?これ、どうするの?

 

答えとして求められているものは「時間」ですね。

輸液では「分」が単位で使われますので、

「分」を求めて、「時間」に直すことにしましょう。

「①何分かかりますか」

「②それは何時間ですか」と解いてください。

 

500㎖を、1分あたり5/6㎖で入れるんだから、

「何分」とおいてみると…。

5/6㎖×何分=500㎖       6/5をかければよさそうだ!

5/6㎖×何分×6/5=500㎖×6/5

何分=100×6=600       ①は600分か!

はい、解けましたね。

では②は?

 

ええと、60分が1時間だから…。

60分:1時間=600分:何時間   比例の式、できた!

何時間=600分×1時間÷60分

何時間=10時間         ②は10時間だ!

 

はい、オッケーです。

では、ここで問題文を確認しましょう

『午後…時で答えよ』でしたね。

午前10時開始で10時間後ですから…

20時は、午後何時ですか?

 

午後8時だね!

そうか、問題文読まないと計算が合ってても

答えが正解にならないんだ…気を付けよう!

 

よくできました。

「午後…時」と指示があったので、

『午後8時』と答えるのが正解ですね。

24時間制で答えを書くこともありますので、

ちゃんと問題文を読むことを意識していきましょう。

 

じゃあ、ついでに練習。

小児用輸液セットで、

1分あたり5/6㎖体内に入れるためには1分何滴ですか?

 

小児用…60滴で1㎖だったから、1/60(㎖/滴)だね。

「何滴(滴)」を使うと、

1分あたりで式が立ちそうだ!

1/60(㎖/滴)×何滴(滴)=5/6(㎖)

両辺に60をかけて…

1/60(㎖/滴)×何滴(滴)×60=5/6(㎖)×60

何滴(㎖)=5×10(㎖)

何滴=50

1分あたり、50滴だ!

 

はい、オッケーです。

だいぶ計算にも慣れてきましたね。

点滴の計算自体は一発で答えを出そうとせずに、

ちょっとずつ段階を踏んで計算していくほうが楽ですよ。

問題文を読んで、

単位に注意することも忘れないでくださいね。