8 下部消化器系・生殖器系のおはなし(2)大腸(7)

「下痢の自浄作用」に関係して、

下痢と便秘について補足しますね。

下痢は便中の水分量が増加したもの。

増加するにつれて、

軟便、泥状便、水様便と変化します。

3週間以上続くものを慢性、

そうでないものを急性と呼んでいます。

一応、原因は「滲出性」「分泌性」「浸透圧性」

「腸管運動異常性」に分けられます。

 

滲出性というのは、

炎症等により腸管壁の透過性が亢進してしまったもの。

急性の代表が腸管感染症。

慢性の代表は、

クローン病、潰瘍性大腸炎、腸結核ですね。

 

分泌性は「何かが分泌過剰の状態」にあるもの。

急性の例は、コレラ、出血性大腸菌等の毒素性感染症。

慢性の例は腫瘍の1つ、カルチノイド症候群です。

 

浸透圧性は腸管内に浸透圧の高いものが来たので、

周囲から水をかき集めてしまったもの。

急性の例はソルビトール等の下剤。

慢性の例は乳糖不耐や膵臓機能不全です。

 

腸管運動異常性は、主に慢性の下痢の原因。

運動亢進のせいで水分吸収不十分なのに先に進んでしまう例が、

甲状腺機能亢進症や過敏性腸症候群。

運動が低下して水分を吸収することができない例が、

糖尿病やアミロイドーシス、強皮症などです。

腸管内に病原性のものがいるとき、

体はそれらをできるだけ早く外に追い出そうとします。

「水分吸収は不十分でもいいから、とにかく出せー!」

その結果、下痢になりますね。

特に「そこにあるだけで周りに悪さをする」毒素等があったら、

体外排出が最優先になります。

例えば、ボツリヌス菌の毒素は神経毒。

目に働くと視力低下や複視。

嚥下障害や構音障害

(ろれつが回らない状態)さえも引き起こします。

こんなものは一刻も早く押し出してしまうに限ります。

また、ノロウイルスは

小腸の吸収担当の上皮細胞をボロボロにしてしまいます。

放置したら、

体の中に栄養を入れても吸収できない大ピンチに!

こちらも、即追い出し対象です。

 

だから、辛い下痢の出る感染症ほど、

「下痢止めはできるだけ使わずに、

原因を体外に出しきってしまう」必要があるのです。

これが「下痢の自浄作用」の正体。

最初から強い止痢薬を使わない理由です。

 

反対に便が出にくくなるものが便秘。

正常なら食事から8~9時間で

「食べ物だったもの」は結腸に到着。

約85%の水分は主に上行結腸で吸収され、

72時間以内に体外に排出されることになります。

 

体外排出(排便)には、

胃-結腸反射による大腸の蠕動が必要。

蠕動で便は直腸に移動し、

そこに排便反射(直腸の蠕動と肛門括約筋の弛緩)と

腹圧がかかることで、便を体の外に押し出します。

 

便秘とは、3日(~4日)以上有効排便のないもの。

便の停滞感や腹部膨満感を伴うことが多いですね。

女性は腹圧をかける腹筋が弱いことに加えて、

蠕動と刺激感受性を抑制する

黄体ホルモン作用があるせいで便秘がちですね。

原因は、炎症や閉塞等による「器質性」、薬剤等による「医療性」、

それ以外の「機能性」に分けられます。

機能性の中には、

ストレス等による急性(一過性)単純性便秘もありますが、

多くは慢性便秘。

 

慢性の中は、糖尿病等の基礎疾患による

「症候性」、

大腸がけいれんを起こして便が進んでくれない

「けいれん性」、

大腸に力が入らないせいで便が進んでくれない

「弛緩性」、

便意を我慢しているうちに

便意として感じる直腸圧が上がってしまった

「直腸性」などがあります。

器質性、医原性は原因が分かっているので

対策もある種簡単。

機能性でも、基礎疾患のある「症候性」なら、

基礎疾患の治療が便秘治療です。