5 タンパク質のおはなし(2)

前回アミノ酸についておはなししました。

いよいよ「タンパク質」についてのおはなしです。

 

タンパク質はただアミノ酸が集まったわけではありません。

アミノ酸が立体的に、意味を持って組み上がることが必要です。

そのための設計図は、核の中のDNAに書いてあります。

細胞小器官の「核の中に私たちの設計図」とはこのことです。

DNA主役のおはなしはもう少し後で。

今は、タンパク質が主役ですよ。

 

設計図通りにアミノ酸が並んだものを「タンパク質の1次構造」といいます。

この状態ではアミノ酸が直線状に並んだだけです。

タンパク質の立体構造について考えるとき、

千羽鶴に対応させるとイメージしやすくなります。

1次構造は、折り紙の束から1枚の折り紙を取り出した状態。

まだ立体感は見えてきません。

アミノ酸は直線状につながると、

特定のアミノ酸が規則的に並ぶことで自然と立体化してきます。

この立体化が「タンパク質の2次構造」

コイルのような形になったものをαヘリックス(αらせん)

板のような形になったものをβシート(β構造)と呼びます。

この2つの立体、名前を覚えてくださいね。

2次構造を説明するときのキーワードですよ。

千羽鶴の例えでは、基準になる折り線を付けたくらいです。

しっかり元の形ができていないと、きれいな鶴は折れませんね。

2次構造はさらに折れ曲がって、

だんだん働き(機能)を持つようになってきます。

これが「タンパク質の3次構造」。

千羽鶴の例えでは、鶴を1羽折りあがったくらいです。

折り鶴なら、しっかり折り目を付ければ崩れませんが。

タンパク質にとっては、もう自然にできる形ではないので

放っておくと形が崩れてきてしまいます。

だから何とかして止めておくところが必要になります。

「何とかして止める」のが、

教科書等に書いてある「~結合」です。

たくさん種類がありますが…

まず「SS結合(ジスルフィド結合)」から覚えましょう。

アミノ酸の側鎖にある硫黄(S)どうしが手をつなぐことでできた結合です。

…前回、含硫アミノ酸を覚えました。

それは、このSS結合をしてくれる大事なアミノ酸だったからです。

 

そして3次構造のユニットをたくさん集めたのが

タンパク質の4次構造」。

千羽鶴なら、糸を通して完成!です。

ただ集めただけではありませんよ。

機能するように…役目を果たせるように集める必要があります。

 

4次構造の具体例については、次回おはなしすることにしましょう。