7 脂質のおはなし(2)

脂質の分類が終わったので、

ここから各種脂質をちょっと詳しく見ていきますよ。

 

全ての脂質の基本は単純脂質脂肪酸

脂肪酸の構造は前回おはなししましたね。

ベルトが水嫌い、金具が水好きです。

ベルトが水嫌いの理由は、

水になじまない炭素と水素の鎖が長いせい…前回の復習です。

 

この炭素と水素の鎖、よく見ると手のつなぎ方が違います。

炭素と炭素が1本ずつ手を出してつないでいるものを「結合」、

2本ずつ手を出してつないでいるものを「二重結合」と呼びます。

この二重結合がある脂肪酸が「不飽和脂肪酸」。

炭素(C)が水素(H)でいっぱい(飽和)になっていないから

「不飽和」脂肪酸ですね。

炭素が水素でいっぱいになったら、「飽和」脂肪酸ですよ。

 

でも「不飽和」だけじゃ

どこで「2本の手で手つなぎ」をしているか分かりませんよね。

そこで「ω(オメガ)- 」や「n- 」の後ろに数字を入れて、

何番目の炭素で「2本の手つなぎ」がされているかを示しています。

「ω-3」なら3番目の炭素で、

「ω-6」なら6番目の炭素で2本の手つなぎ…という意味ですね。

これでみなさんは「ω-6不飽和脂肪酸」という文字を見ても、

何を言っているのか分かるようになりましたよ!

 

脂肪酸には、体の中で作ることができないものがあります。

必須脂肪酸ですね。

これは3つしかありません。

ここで覚えてしまうことにしましょう。

リノール酸、α-リノレン酸、アラキドン酸です。

特に注意が必要なのがα-リノレン酸

「α-」ではないリノレン酸があり、

そちらは必須脂肪酸ではありません。

なお、本によってはアラキドン酸は必須脂肪酸に含まれません。

それはアラキドン酸がリノール酸から作られるから。

とはいえ、作られる量が足りなければ

やっぱり食べ物から取るしかありませんね。

ここではアラキドン酸を含む3つを「必須脂肪酸」にしておきますよ。

 

先程の二重結合の示し方の例に従えば、

α-リノレン酸はω-3脂肪酸。

ここからDHA(ドコサヘキサエン酸)や

EPA(エイコサペンタエン酸)が作られます。

リノール酸とアラキドン酸はω-6脂肪酸です。

 

一時期「DHAで頭が良くなる!」と話題になりました。

DHAは確かに脳に多く存在する不飽和脂肪酸です。

でも、不飽和脂肪酸の主な仕事は「細胞膜の成分になること」。

細胞膜が適度な柔らかさを保つために、

不飽和脂肪酸が細胞膜に入り込んでいるのです。

その結果「適度な知的刺激を受けた」神経細胞は

細胞膜が適度な柔らかさを維持してくれるおかげで

周囲に腕を伸ばしやすくなり、情報伝達が早くなると考えられます。

…もう気付きましたよね。

前提には「適度な知的刺激」が必要です。

勉強せずに頭が良くなる…なんて虫の良い話はありませんよ!