1 イントロダクション(1)

看護師国家試験を受けるために、

「法制・行政」と「衛生統計」は必要不可欠な科目です。

でもこの2科目…いざ勉強しようとすると結構頭の痛い科目。

「覚えることだらけ…」

「数字に、いったい何の意味が?!」

それって、もしかして2つの科目をバラバラに勉強していませんか?

 

法制・行政は、統計がないとただの文字の羅列。

統計は、法制・行政がないとただの数字の暗記になりかねません。

 

この2科目は、「ヒト(と看護)」をはさめば、

両方をつなげて理解できるようになりますよ。

それは、ある種当然のことです。

だってヒトの一面をデータ(数字)化したものが統計で、

データをもとに行政が動き、法律も作られていくからです。

 

そしてヒトと看護をはさみつつ法制・行政と衛生統計を見ていけば、

他の科目の「どうしてそれを勉強するの?」も見えてきます。

 

例えば「悪性新生物(がん)の勉強ばっかり…」、

「たばこの害、やたら強調されるなぁ…」などがあげられますね。

 

きっと、まだ「2科目をつなげて理解」のイメージは湧いてこないと思います。

まずは、分かりやすい「生と死」の統計と、

その背景を確認してみましょう。

 

ヒトの生と死に関係する統計指標としては、

総人口、出生・死亡の動向(死因)、平均寿命、平均余命等がありますね。

最初ですから、

あまり深入りせずに「日本の総人口の増減」を見てみましょう。

 

日本の人口は、近年減少傾向にあります。

死者数自体は減っているのに、

それを上回るスピードで出生数が減っているからです。

じゃあ、なぜどちらも減少しているのか、

背景についても考えてみましょう。

 

昔…日本も発展途上国のように「多産多死」でした。

人口ピラミッドで見ると、まさに「ピラミッド型」。

「たくさん産む、たくさん死ぬ、少しは生き残る」…ですね。

 

ところが上下水道をはじめ公衆衛生が向上し、

提供される医療も向上したため、

死者は確実に減っていきました。

つまり「生まれたあと、生き残れる年月が増えた」ということです。

 

でも…「生きている」それだけでいいのでしょうか。

病気の慢性化や闘病生活の長期化によって、

「(単なる)生きる」から「良く生きる」に注目点が移っていったのです。

ここが「健康」や「ウェルネス」の出発点ですね。

 

また、慢性化・長期化は「お金がかかる」ことでもあります。

国レベルでも、個人レベルでも「予防」の重要性が高まりました。

 

そして病院では長期化・慢性化によって入院患者数が増えたことで、

病床不足・人手不足が問題になりました。

だから「地域(在宅)」や「ノーマライゼーション」の必要性が

高まっていったのです。

 

次回は、「出生」面を確認していきますよ。