6 身体防御・免疫:侵入者なんて許さない(3)

抗体には5種類あります。

それぞれ担当が決まっているので、

担当(役割)と抗体の形、名前をセットで覚えてしまいましょう。

 

Ig-Mは「一次応答」担当

一次応答というのは、

初めての異物が体の中に入ってきたときの反応です。

何が効くかよくわからないので、

異物反応部位(対抗手段)が5(ものによっては6)個あります。

これが「5量体」の意味。

「このうちどれかは効くはずだ!」

…Ig-Mは「数うちゃ当たる!戦法」ですね。

Ig-Gは、「二次応答」の担当

二回目以降の異物侵入に対応するもので、異物反応部位は1つだけ。

「Ig-Gは1量体」ですね。

こちらは数の多さで勝負。

人体内抗体の約7割はIg-Gです。

 

続いてIg-Aは異物反応部位が2つの「2量体」

分泌型と呼ばれ、

消化管や母乳内に分泌されることが特徴です。

母から子に伝わる免疫は、問題に出されやすいですね。

「母子免疫」と言えば、

母乳経由のIg-Aと胎盤経由のIg-Gです。

ヒントは抗体のサイズ。

Ig-Mは大きい5量体なので、

胎盤を抜けることができません。

Ig-Gは1量体ですから、

楽に胎盤を抜けることができます。

Ig-Aは母乳分泌ですから、

胎盤を抜ける必要はありませんね。

 

1量体の抗体はあと2つあります。

でも働く場所が特徴的なので胎児へは伝わりません。

Ig-Eはアレルギー反応で働く抗体。

花粉症が代表例ですね。

花粉症では、花粉という異物が入り込んできたところを、

Ig-Eのガードマンが取り押さえます。

そして細胞小器官の分泌顆粒に

「異物があるから押し流して!」と救援要請。

分泌顆粒の中にあったヒスタミンが

涙や鼻水を出させて、異物を体の外に押し出します。

鼻で働いていたら、胎盤には行けませんね。

 

またIg-Dは白血球の分化で働く抗体。

白血球の分化の場所は、骨髄です。

これまた、胎盤へは行けそうにありませんね。

だから1量体は3種類あっても、

胎児のところに届く1量体は1つだけ、なのです。

 

免疫の基本が分かったところで、

具体例でみてみましょうか。

ここでは「予防注射」についておはなししますね。

 

予防注射をする理由は「一次応答を終わらせる」です。

異物が体の中に入ってきたとき、

それが初見ならIg-Mの一次応答になります。

でも、2回目以降なら

たくさんのIg-Gであっという間に対応できます。

だからあらかじめ無毒(もしくは弱毒)化した異物を

体の中に入れる、これが予防注射です。

こうしておけば、注射によって一次応答終了。

体の中に同じ異物が入りこんできたら、

病気にならなくて済む

(もしくは軽くて済む)ことになります。

ただ、体の中に異物を入れていることは事実。

だから予防接種は体調が悪いときにはできません。

 

次回、今までの内容をおさらいしますよ。