10 各論5:体温(感染・免疫):⑨自己免疫疾患(1)

自己免疫疾患は、

現在でも「なぜそうなるのか」「どうすればいいのか」等を研究中です。

でも、少なくとも「症状をやわらげる薬(一応効く薬)」があります。

ここでは一応効く薬の一部を紹介しますね。

 

自己免疫疾患には多くの種類があります。

全部紹介はできませんので、

全身性の疾患代表の全身性エリテマトーデス(SLE)と、

部分性の疾患代表の関節リウマチ(RA)に効く薬を紹介します。

 

まず、全身性エリテマトーデス(SLE)。

白血球が自分の体を攻撃し、そのせいで全身に各種症状が出るものです。

白血球の働きで困っている…炎症のおはなしと似ていますね。

だから抗炎症薬の親分格、ステロイド剤のプレドニゾロンが使われます。

プレドニゾロンのおはなしは、内分泌系のところでしましたよ。

 

プレドニゾロンと一緒に使われることが多いお薬に、

シクロホスファミド水和物(エンドキサン)があります。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00047776

抗腫瘍作用と免疫抑制(骨髄抑制)作用がありますね。

悪性腫瘍(がん)や移植前に使われる薬だ…と分かるはずです。

全身性エリテマトーデスに対しては、

「体を攻撃してしまう白血球自体を減らす」作用になります。

 

シクロホスファミド水和物の禁忌は

重い感染症とペントスタチン(コホリン)使用中の人。

感染の真っ最中に白血球が減っては、守れる体も守れません。

ペントスタチンは成人T細胞白血病リンパ腫に使う抗腫瘍薬。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00055575

ATPを作るところを邪魔するお薬です。

ペントスタチンとシクロホスファミド水和物の併用で

死亡したとの報告が海外でありました。

シクロホスファミド水和物には、

もともと心毒性(不整脈・心不全等の心臓への悪影響)があります。

そこにペントスタチンが重なることで、

心毒性が上がるのではないかと考えられています。

 

警告文の分量は多いものの、

良く読めば「抗腫瘍」と「免疫抑制」に関するものばかりです。

分量も内容も多いのが併用注意。

本来体内にあったホルモン系の補充が

併用注意に入っていることは確認しておきましょうね。

オキシトシンとインシュリンの効果は強く出て、

バソプレッシンの効果は弱く出ますよ。

副腎皮質ホルモンはシクロホスファミド水和物の効果が強く出ます。

抗腫瘍薬のアントラサイクリン系は、心筋に影響が出ますから要注意ですね。