おいしくたのしく生化学1(3):レンジレシピ付き

2019年5月2日

1人暮らしで、

レンジ(とマグカップ)しかなくてもできるレシピの紹介です。

冬スープ:レンジでチン!

ただ、どうしてもこのレシピだと

ネギの甘味が出にくいことも事実。

それでも、野菜を食べないよりは「はるかに」ましです。

スーパーやコンビニで売っている、

パック入りのカット済みお野菜を使いましょう。

あとはニンニクやショウガのチューブと、

塩コショウ(あればオイスターソース)と、水ですね。

 

➀~④の順番ですすみますよ。

➀カット済みの野菜をマグカップに詰め込んでください。

可能なら、キャベツ、ネギ、白菜、玉ねぎの入っている

(…お鍋用?)パックがあるといいですね。

 

②「レンジ500Wで1分加熱、箸やスプーンでかき混ぜる」を、

4回繰り返します。

使用器具等によって、火の通りが変わります。

お野菜に火が通ったら、オーケー。

マグカップが熱くなりますので、火傷をしないように。

 

③小さなスプーンに

少々のニンニク・ショウガをチューブから絞り出し、

ごま油をそのスプーンに満たしてから、

マグカップに入れてかき回します。

 

④レンジ500Wで、30秒加熱しましょう。

そのままだと熱くて味が分からないので、

冷ましてから調味します。

醤油を使うときは、小さなスプーン1杯まで。

決して入れすぎてはいけません。

オイスターソースがあれば、すごく簡単。

限度は同じ「小さなスプーンに1杯」ですが、

一発で味が決まります。

 

以上で完成。

冷ます時間を入れても、10分かかりません。

可能なら、スーパー(コンビニはないこともありますが)で

オイスターソースを買っておくといいですね。

「オイスター」は「牡蠣」のこと。

牡蠣には、ミネラルの亜鉛が多く含まれています。

これ、舌の味蕾に必要なミネラルでしたね。

亜鉛が足りないと、味が分かりにくくなってしまいます。

せっかくおいしいものを食べても、

味がよく分からなかったら台無しです。

しかも味蕾は生まれ変わりが早く(約10日)、

意識して取らないと亜鉛不足になってしまう危険があります。

だから、スープの調味でこまめに補充!

もちろん、外食時には牡蠣料理を優先して選んでもいいですね。

 

…どうですか?

生化学(や生理学、解剖学)って、毎日の生活に役立つでしょう?

そう気づいたら、生化学(や生理学、解剖学)の勉強は

楽しいものになりますよ!