5 熱い!冷たい!(やけどと凍傷)(2):低温やけど

やけどの補足。

「低温やけど」のおはなしです。

 

やけどをしたとき「熱い!」と思うのが通常のやけど。

通常の感覚・運動神経のある人なら、

すぐに手を引っ込めて被害を最小限に食い止めることができます。

「熱い!」と気付かずにやけどが進んでいくもの…

それが「低温やけど」です。

 

低温やけどが起こる温度は60℃以下。

44℃でも、6時間以上接触していれば低温やけどが起こります。

具体的な例で行きましょうか。

こたつの熱源直下は、約60℃。

1時間以内に、低温やけどスタートです。

携帯カイロ(使い捨てカイロ)のは50~60℃。

これも(温度変化と場所変更がないなら)

1時間以内に低温やけどが始まります。

そして湯たんぽ表面は湯温にもよりますが45℃以上。

3時間接触していると、

十分低温やけどになってしまうのです。

 

低温やけどの特徴は、痛みが弱いこと。

赤みは出ますが、それも弱め。

水疱もできないほうが多いくらいです。

…一見、何も問題ないように見えますね。

ところが神経細胞の損傷は大きく、

「痛みが弱い」のは神経細胞がおかしくなったせい。

低温やけどを起こして、1週間ほどしてから

皮膚が白っぽく変化します。

いきなり黒色潰瘍化することも、

感染を起こして膿が出てくることもあります。

 

本来、血流がちゃんとしているならば

熱は周囲に広がり、低温やけどにならずに済みます。

でも、皮膚の下に(筋肉・脂肪等が少なく)骨が迫っている

ところでは熱の放散が遅れがち。

具体的には、かかと、くるぶし、ひざ…褥瘡に注意するところですね。

しかも寝返りを打つこともできないなら、

さらに血流が妨げられてしまいます。

病気等による寝たきりはもちろん、

新生児や泥酔者、

疲労困憊時の熟睡時も結構危険です。

 

低温やけどと分かったときの対処方法は、

前回の一般やけどと同じ。

でも受傷直後ではなくて、

あとになってから気付くことの方が多いですね。

膿(感染を起こしましたよ)や

黒色潰瘍(Ⅲ度相当で皮膚がありませんよ)なら、

早く病院にかかってください。

 

低温やけど防止には、局部を温めるのではなく

全体を温めてほしいのですが…

次に怖くなってくるのは暖房器具によるやけどですね。

 

でも、暖房器具で怖いのはやけどだけではありませんよ。

次回はちょっとだけ寄り道して、

一酸化炭素中毒についておはなしします。