11 各論5:細菌(2)桿菌のグラム陰性(1)

お次のグループは、桿菌のグラム(-)です。

酸素嫌いの嫌気性菌には、便にいるバクテロイデス属と、

歯槽膿漏の原因ポルフォロモナス属がいます。

特にバクテロイデス属は、菌血症原因菌の1つ。

腸管から出てしまうと、

虫垂炎や腹膜炎の原因になってしまう

(悪さをしてしまう)ものもいますよ。

 

酸素好きの好気性菌と、酸素の有無はどちらでもいい通気性菌。

ここにはかなりの種類が含まれてきます。

先に好気性菌のグループ、

後で通気性菌のグループについておはなししていきますね。

 

A 好気性菌

桿菌、グラム(-)の好気性菌には、有名どころがたくさんいますね。

緑膿菌のいるシュードモナス属、レジオネラ菌のいるレジオネラ属。

Q熱のコクシエラ属、地中海熱のブルセラ属、野兎病のフランシセラ属。

百日咳のボルデテラ属もここに入ります。

身近な存在の、シュードモナス属とレジオネラ属から始めましょう。

 

(a)シュードモナス属

シュードモナス属代表は緑膿菌。

淡水、土壌だけでなく、皮膚や消化管内にもいます。

台所や洗面所にもいる菌…というと、イメージしやすくなりますね。

緑の色素を作る(増えると黄緑色に見える)ことからその名が付きましたが、

他の色素(赤や茶、黄色等)を作る「緑膿菌」もいますよ。

そして一部は菌の外側にアルギン酸

(粘液性の多糖:アルギネートとも呼ぶ)をたくさん作ります。

これは外からの刺激を防ぎ、

菌増殖に適した環境を守るバイオフィルムのもと。

ぬめりやべたつきは、水と仲良しの多糖がある

(イコール、緑膿菌がバイオフィルムを作っている)サインですよ!

 

緑膿菌は健康な人には何もしません。

ヒトに悪さをするとしたら、

その人の免疫状態が悪い(日和見感染、医療関連感染)という証拠。

やけどで皮膚の防壁がないと、悪さをすることもありますね。

薬は効きますが、多剤耐性の緑膿菌もいますから…

「悪さをし始めたら強敵だ!」という意識でいてくださいね。

 

(b)レジオネラ属

レジオネラ属にもいろいろな菌が含まれますが、

肺炎原因のレジオネラ・ニューモフィラが代表。

淡水や湿った土壌にいるので、これまた身近な菌です。

感染源になるのは、人工的に水の多い環境。

噴水や給湯器、クーラー冷却水や循環濾過式浴槽等に多くいます。

66℃では2分で死ぬ菌ですが…ヒトが入る温泉の温度では死にませんね。

「(アルカリ性以外の)温泉のお湯を引いて、

ちょうどいい温度にしたらあとはろ過して温めなおして使う

(循環濾過式浴槽)」ではレジオネラ・ニューモフィラが元気な状態です。

そこから水泡、シャワー等でしぶき(エアロゾル)から経気道感染。

肺胞内のマクロファージに貪食されても、多くはその中で増殖してしまいます。

インターフェロンで活性化されたマクロファージなら、

貪食したレジオネラを分解してしまえます。

インターフェロンの出にくい高齢者は、

(温泉、公衆浴場好きな意味からも)肺炎発症が多くなってしまいますね。

抗生物質は効きますが…

進行が速いので、しっかり既往歴・行動歴を聞き出してくださいね。

健康な人でも、

たくさんのレジオネラが体内に入ったら発症してしまいますよ。