10 各論5:体温(感染・免疫):⑧過敏症(1)

過敏症は、体を守る働き(免疫系)が過度に敏感になってしまったもの。

本来そこまで異物認定しなくてもいいものにまで

「異物!追い出せ!」の働きが行われるものです。

Ⅰ型からⅣ型まであること、

それぞれに働く白血球の種類が違うこと等は生化学でおはなししましたね。

薬自体も過敏症の原因になりえます。

消炎鎮痛剤のアスピリン喘息やピリン疹(発疹)が代表ですね。

ここでは、良く出会うⅠ型とⅣ型の過敏症に使う薬のおはなしをしますね。

 

Ⅰ型(即時型)過敏症のキーワードは、

抗体(Ig-E)、肥満細胞、分泌顆粒中のヒスタミン。

このどれかを邪魔すれば、Ⅰ型過敏症を防げるはずです。

 

抗体ブロックの例がスプラタストトシル酸塩(アイピーディ)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00000238

Ig-Eを邪魔するだけでなく、

インターロイキン4(IL-4)を邪魔することでBリンパ球増殖抑制作用もあります。

禁忌はこの薬自体に過敏症のある人ですね。

 

肥満細胞からヒスタミンが出てくるところを邪魔する薬の一例が

アンレキサノクス(エリックス)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00053914

炎症物質のロイコトリエンを作るところまで抑制してくれます。

こちらも、この薬にアレルギーのある人には禁忌ですよ。

 

ヒスタミンが出てきてしまっても、

ヒスタミンがはまるところ(受容体)を邪魔する薬もありますよ。

一例としてケトチフェンフマル酸塩(ザジテン)をご紹介。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00054159

ヒスタミン受容体だけでなく、

「血小板活性化因子(PAF)による気道反応」も抑制してくれます。

Ⅰ型過敏症で怖いアナフィラキシーショックによる

気道閉塞を予防してくれる…ということですね。

 

ありがたいお薬ですが、禁忌と併用注意に注目。

薬本体への過敏症に加えて、てんかんの既往歴がある人には禁忌です。

神経刺激に対する閾値が低下する可能性がある

(すぐに神経細胞が興奮しやすくなるかも!)ので、

過度の刺激がけいれんにつながってしまうかも…ということです。

併用注意はアルコール、中枢抑制薬や他の抗ヒスタミン薬。

精神運動の過度の低下…つまり「眠気が強く出る」ですね。

少なくとも、車を使う人にとっては要注意です。

 

ロイコトリエンがくっつくところを邪魔する薬もありますよ。

例えばプランルカスト水和物(オノン)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00051194

こちらはロイコトリエン作用(気道収縮)を直接邪魔しますから、

Ⅰ型過敏症のアナフィラキシーショック予防が分かりやすいですね。

もちろん、薬にアレルギーがあったら禁忌ですよ。

予防しても出てしまったアナフィラキシーショックには、

あわてず騒がずアドレナリン注射です。