2 呼吸器系のおはなし(8)

筋肉が収縮できないと呼吸できないおはなしです。

呼吸筋は横隔膜と肋間筋。

あとは努力呼吸時の補助呼吸筋群でしたね。

これらの筋肉は、1つ1つがバラバラにうごいても意味がありません。

横隔膜ですら、3つの筋肉。

同じ働きを担当している筋肉がまとまって動いて、

初めて意味があるものなのです。

 

…そんなこと言われたって、どうやってまとめるの?

 

そこで「呼吸中枢」や「反射」のおはなしになるのです。

でも、これらのおはなしは本来「神経系」でするもの。

ここで深入りすると戻ってこられません。

だから、呼吸を理解するうえで必要最低限だけをここで説明しますよ。

 

まず、反射というのは

「決まった情報に対して、決まった命令をすること」です。

例えば、私たちは熱いものに触ってしまったら、手を引っ込めますよね。

このとき「危ないから手を引っ込めよう」と考えて、

手を引っ込めているのではありません。

「考え」ていたら、火傷(やけど)してしまいます。

「熱い」という情報が来たら、手を引っ込めるように最初から決めておくことで

火傷の可能性を最小限にとどめているのです。

 

反射をもう少し細かく見ると

「受容器→中枢→効果器」と分かれています。

受容器というのは、情報を受け止めるところ。

中枢というのは、命令を出すところ。

効果器というのは、働く(ここでは動く)ところです。

 

反射の例でよく出てくる、膝蓋腱反射で確認してみましょう。

膝の下を軽くたたくと、足先がぽこんと上がる、あの反射です。

膝の下をぽこんと叩くと、筋肉の長さを感じ取る神経が

「縮んだよー」という情報を感じ取ります。

情報を受け取ったから、ここが「受容器」ですね。

その情報は脊髄に届きます。

脊髄が「これなら決め打ち行動でいいな!筋肉、縮んで!」と命令します。

命令を出していますので、ここが中枢ですね。

この命令は大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉です)に届きます。

「オッケー!縮むのね!」

大腿四頭筋が縮むと、足先が引き上げられます。

命令を受け取って動いたので、ここが効果器です。

ここまでが一瞬で起こる…これが「反射」です。

 

ここまで読んでくれれば分かるように、

反射のとき、大脳まで情報が届いていません。

つまり「意識」している必要はないのです。

そもそも、全部の情報を大脳が処理していたらパンクしてしまいます。

大脳の手を煩わせることなく、

できるだけ早く決まった刺激に決まった反応をするためにあるのが「反射」です。

寝ていても、意識せずとも、呼吸ができるのは

呼吸中枢が「反射」で動いてくれているからなのですね。

では、次回は呼吸中枢の具体的なコントロールを見てみましょう。