14 各論8:ウイルス(2)RNAウイルス(1)

2、RNAウイルス

A フラビウイルス科

フラビウイルス科はエンベロープ付きの正二十面体ウイルス。

ヘパシウイルス属とフラビウイルス属がここに含まれます。

B型肝炎ウイルスに続くおはなしの流れから、

C型肝炎ウイルスのいるヘパシウイルス属から始めますよ。

 

(A)ヘパシウイルス属

ヘパシウイルス属の代表は、C型肝炎ウイルス(HCV)。

血液感染をするので、B型肝炎ウイルスと注意点は一緒ですね。

C型肝炎ウイルスは、

B型肝炎ウイルスよりも感染力自体は低いですよ

(HBVの1/10~1/2)。

大事なところは「抗体ができるまでに3か月かかること」、

「ワクチンがないこと」、そして

「成人でも持続感染になりやすい(約70%が持続化)」です。

インターフェロンをはじめとする多剤併用療法がとられます。

感染症法5類の全数報告(7日以内)であることも、

B型肝炎ウイルスと同じです。

 

(B)フラビウイルス属

このまま肝炎ウイルスのおはなしを続けたくなりますが…

忘れる前にフラビウイルス属のおはなしです。

フラビウイルス属は、主に節足動物の媒介(感染症法4類)。

媒介生物をシャットアウトできればいいのですが。

「蚊」が媒介者に含まれているので、結構大変です。

「不顕性感染が多いけど、発症したら一大事!」が

フラビウイルス属の感染です。

 

蚊が媒介するのは黄熱ウイルス、デングウイルス、

ジカウイルス、日本脳炎ウイルス。

ワクチンがあるのは黄熱と日本脳炎です。

これらのウイルスの引き起こす病気は、

軽症なら頭痛・発熱等のインフルエンザ様症状で済みます。

 

ただし、重症化すると。

「黄熱」では高熱化、出血、黄疸、タンパク尿が出て死に至ることも。

 

「デング熱」の重症型

(「デング出血熱・デングショック症候群(DHF/DSS)」)では、

持続高熱化、出血、循環不全から死に至ることも少なくありません。

 

「ジカウイルス感染症」は末梢神経障害(ギランバレー症候群)や、

経胎盤感染で胎児に小頭症を起こす可能性がありますね。

あとは蚊以外のヒト間感染(性行為感染)報告があります。

 

「日本脳炎」は意識障害やけいれん、髄膜刺激症状(頚部硬直など)が出て、

30%ほどは命を奪われてしまいます。

回復しても約半数に神経後遺症(麻痺や精神障害等)が残ってしまうことに。

水鳥や豚にいるウイルスで、アジア地域に多いのが特徴です。

日本では患者数は減っているものの…

東南アジアではよく大流行を起こす、注意が必要なウイルスです。

 

ここまでの4つと比べると「少しだけ怖くない」のがウエストナイルウイルス。

蚊が媒介して、軽症だとインフルエンザ様の「ウエストナイル熱」。

1%ほどが髄膜炎、脳炎を起こすウエストナイル脳炎になります。

鳥と蚊を感染環とする、アフリカとアメリカで流行するウイルスです。

 

これら蚊媒介フラビウイルス属ウイルスによって生じる病気は、

有効な治療法は見つかっていません。

予防接種と「蚊に刺されない!」頼りになりますね。

 

蚊以外の媒介者はマダニ。

ダニ媒介脳炎、オムスク出血熱、キャサヌル森林病のもとになるのが

ダニ媒介性フラビウイルスです。

ロシアから東欧では、時々流行するウイルスですよ。