2 ヒトの免疫の理解・確認(2)

でも、同じ異物がのこのこと

また侵入してきたら反応が変わります。

2回目以降の異物の侵入に対する体の反応、

二次応答のスタートです。

以前侵入してきたときに、何が効くかは分かっています。

だから効くものだけを反応部位に付けた、

Ig-G(1量体)をたくさん作れます。

Ig-Gは体内最多の抗体なので、数で押し負けることはありません。

あとは抗体と結合した異物(抗原)を

好中球やマクロファージに食べて処理してもらうのみ。

迅速に、異物侵入に効率よく対応できるのが二次応答ですね。

 

このように一次応答と二次応答は体の反応が大きく変わります。

「二次応答状態なら

異物が入り込んでも病気にならないかもしれない!

もし病気になっても軽くて済むかも!」

…みんな、二次応答状態にしておきたいと思いますよね。

そこで役立つのがワクチンと母子免疫です。

 

先に母子免疫から確認していきましょう。

お母さんから子どもに伝わる免疫が「母子免疫」。

2つのルートがありますよ。

 

1つ目は、胎盤経由で抗体が赤ちゃんに向かいます。

胎盤を抜ける必要があるので、

大きい(抗原反応部位が多い)抗体は通れません。

胎盤経由で赤ちゃんに届くことができるのは、1量体のIg-Gのみ。

同じ1量体にIg-EとIg-Dもありますが、

Ig-Eはアレルギー(過敏症)で活躍する抗体。

Ig-Dは白血球の分化で出てくる抗体。

どちらも、胎盤にはやってきそうにありませんね。

「白血球の分化」と見たら、

全ての血球のふるさと

「骨髄」をイメージできるようになりましょうね。

白血球の成熟場所が「骨髄のB細胞と胸腺のT細胞」ということも

一緒に復習しておくといいですね。

 

2つ目が母乳経由です。

母乳に出てくる抗体は「分泌型」のIg-A。

消化管内に出てくる(分泌される)のもIg-Aですね。

こちらは抗原反応部位が2つなので「2量体」ですよ。

なお、最初に一次応答で出てきたIg-Mは「5量体」です。

 

「母子免疫で伝わる抗体の種類」は

意外と看護師国家試験に出てきます。

どの抗体が、どこ経由で伝わるのか。

ちゃんと理解しておいてくださいね。

 

この母子免疫で赤ちゃんに伝わる抗体は、

しばらくの間(約6か月)

赤ちゃんを二次応答状態にしてくれます。

抗体が切れたころから…

赤ちゃんはすぐに体調を崩しがちになります。

それはお母さんからもらった抗体が役目を終了してきたから。

あとは頑張って自分で免疫を獲得していく

「一次応答」からスタートです。