10 脳神経系のおはなし(1)中枢の基本構造と血管異常(5)

(2) 虚血・塞栓

血液関係の「おかしい!」は

出血だけではありませんね。

「血液が足りない!」も大問題です。

 

A 一過性脳虚血発作、もやもや病

血液不足の始まりともいえるのが、

「一過性脳虚血発作(TIA)」。

左右の頚動脈系又は椎骨脳底動脈系の血管支配虚血で、

脳の局所的機能が一時的に失われる状態です。

 

脳に血液を届ける血管は、

内頚動脈と椎骨動脈でしたね。

左右の椎骨動脈は合流して脳底動脈になってから、

左右の内頚動脈とウィリス動脈輪を作っていました。

ただ、動脈輪より先(個別の栄養領域)では、

もう動脈吻合はありません。

心臓の冠動脈同様、

1か所が詰まったらそこから先の細胞は即ピンチです。

「一過性」の「虚血」ですから、

「つまった!(塞栓・血栓)」の一歩手前。

2~3割は、詰まった状態の脳梗塞に移行してしまいます。

だから安静にしつつ、薬物療法で「つまった!」を防止です。

ここは脈・血圧(血管系)のおはなしの復習ですね。

あとはそれ以上進行することのないよう、

高血圧、脂質異常、糖尿病等の危険因子を

うまくコントロールしていってください。

 

ウィリス動脈輪入り口部分で、

閉塞が起きてしまったものが

「もやもや病(ウィリス動脈輪閉塞症)」。

左右の内頚動脈終末部が徐々に狭窄又は閉塞することで、

異常血管が頭蓋内に出現してくるものです。

異常血管は「先に血流届かないとヤバい!」と

急ごしらえで作った細いもの。

だから脳細胞生存にギリギリの血液量しか運べません。

その結果、「泣く」、

「熱いものを冷まそうと息をかける」等の行動で、

小児では脳虚血症状が出て見つかることが多いです。

けいれん、構音障害、失語、視野障害、知覚障害、

半身麻痺等が脳虚血症状ですね。

 

成人では脳虚血症状より、

突然の頭痛や意識障害といった出血症状で

気付かれることが多くなります。

動脈輪付近に「もやもや」と見える

細い血管の集まりが見つかったならば、

血行再建のために手術をすることになりますよ。