12 末梢神経のおはなし(3)触覚と皮膚(後半)(4)

水痘とは水ぼうそうのこと。

水痘・帯状疱疹ウイルスによる、

接触・空気感染です。

感染力が強く、長引くことが特徴。

感染後2週間くらいで、

直径3~4mmほどの紅斑や紅色丘疹が出て、

かゆみのあと中心が凹んだ水疱が出てきます。

四肢だけでなく、

顔や口腔内、頭部にもできるのが特徴です。

その後1週間くらいで痂皮化しますが…

発疹ができてから痂皮化するまでが

全部感染力のある状態です。

 

解熱剤や止痒剤といった対症療法になります。

感染力が強いので個室に入ることになりますから、

個室ゆえのメンタルケアが必要になってきますね。

 

以前は小学校卒業までに感染して

免疫を得ることが大多数でした。

幸か不幸か家族構成を含めた環境変化のせいで

感染の機会が減った近年では、

成人の初回発症が増えてきました。

成人発症では肝炎、肺炎、

中枢神経症状の合併が多くなり、危険です。

 

また、妊娠5週から20週で発症すると

「先天性水痘症候群」が出る可能性もあります。

全ての胎児に起こるものではありませんが、

白内障等の眼症状、大脳萎縮、

四肢骨欠損等が生じる可能性があります。

妊娠を希望する女性は、

事前の抗体チェックと、ワクチンをお忘れなく。

 

水痘の後、ウイルスが体に残ってしまうと

帯状疱疹の可能性もあります。

帯状疱疹は、

水痘感染後ウイルスが知覚神経細胞内に潜伏し、

何かのきっかけで再活性化して発症するものです。

発症する数日前から知覚異常や神経痛があり、

浮腫性の紅斑が出てきます。

そこに水疱が出て、痂皮化して…

10日くらいでピークになり、

3~4週間で軽快します。

出現から軽快までの流れが、

かなり単純ヘルペスウイルスのときと似ていますね。

 

帯状疱疹の特徴は、神経に一致して帯状に出ること。

きれいに整列しているので、すぐに分かるはずです。

抗ウイルス薬だけでなく、

軽快後も数か月残る痛みのためにNSAIDsも使われます。

シャワー浴で清潔を保ちつつ、

できるだけ安静にしましょう。

加齢等による免疫低下だけではなく、

過労や局所刺激でも再発しますから、要注意!