10 各論5:体温(感染・免疫):⑤ウイルスに効く薬(1)

今までは微「生物」に効く薬のおはなしでした。

いよいよ「生物?」に効く薬のおはなしです。

 

ウイルスは、それだけでは増えることができません。

生物(細胞)の中に入りこんで、そこにあるものを利用して自分を増やしていきます。

 

そんなウイルスに効く薬の一例が

逆転写酵素を邪魔するジドブジン(レトロビル)。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00052969

セントラルドグマを思い出してください。

ヒトの細胞は複製・転写・翻訳。

「逆転写」なんて言葉はありませんね。

逆転写は、ウイルスだけにあるRNAからDNAを作る仕組みのこと。

これを使ってウイルスの情報を侵入した

(感染した)細胞のDNAに組み込み、ウイルスを作らせる(増殖)させるのです。

 

ジドブジンは逆転写を邪魔して、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)増殖を防ぎます。

禁忌は好中球が減少している人と、イブプロフェンを使用している人。

ジドブジンの骨髄抑制作用によって、血球全体が作られにくくなってしまいます。

それをもともと好中球の少ない人に使ってしまったら…

異物から身体を十分に守ることができません。

イブプロフェンは血友病の患者さんで、出血傾向が強く出ることがあるからですね。

 

骨髄抑制ということで、赤血球の産生も減りがちです。

ビタミンB12欠乏では貧血が出やすくなりますので、

ジドブジンの慎重投与対象に入っていますね。

また、ジドブジンは胎盤を抜けて乳汁にも移行します。

授乳は禁止。

妊娠・妊娠可能性のある人に対しては、「治療有益性が危険性を上回るときのみ」。

つまり「やむを得ないとき」ですね。

使用後の出生児には、ジドブジン由来の貧血が出る可能性がありますよ。

 

また、DNA合成を邪魔する薬もウイルスの増殖に効く薬になります。

ウイルスのDNA合成酵素(ポリメラーゼ)を邪魔する薬として、

アシクロビルを紹介しますね。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00060058

アシクロビルは単純ヘルペスウイルスと

サイトメガロウイルス(水痘・帯状疱疹の原因)に効きます。

TORCHの「CとH」に効く薬ですね。

 

禁忌は本剤とバラシクロビル塩酸塩に対する過敏症。

バラシクロビル塩酸塩も、

単純ヘルペスウイルスとサイトメガロウイルスに効く薬です。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00062579

併用注意等も似ているので、

プロベネシドとテオフィリンに注意しておいてくださいね。