5 脳神経系と内分泌系のおはなし(5)

聴覚(聞く)のおはなしです。

 

普段見える耳は、「外耳」といって音を集める役目。

顔の外側に出ている、いわゆる「耳」から鼓膜までが外耳です。

その内側には中耳と内耳があります。

内耳が、音を電気の信号に変えるところです。

外耳で音を集めても、電気信号に変えるにはまだまだ音量不足です。

そこで活躍するのが耳小骨

鼓膜にくっついているツチ骨、内耳の蝸牛にくっついているアブミ骨、

ツチ骨とアブミ骨の間をつなぐキヌタ骨が、耳小骨です。

本当に小さな耳小骨たちですが、彼らのおかげで音が増幅されます。

鼓膜で受け取った音を1としたとき、

耳小骨たちが働いた後の蝸牛が受け取る音は約22。

エレキギターのアンプのような、素晴らしい増幅効果です。

蝸牛というカタツムリのような形をしたところが、

音の振動を電気信号に変換します。

音の信号を中枢に運んでくれるのは第8脳神経の聴神経です。

 

実は、第8脳神経にはもう1つの名前と役割があります。

平衡感覚(平衡覚)を伝える前庭神経です。

聴覚と平衡覚、両方をまとめた「第8脳神経(内耳神経)」と呼ぶこともありますね。

平衡覚も、内耳で傾きを電気信号にします。

ここで働くのは3つの円が重なったような三半規管

円の根本の部分には筆先のようなものが入った袋(~嚢)があります。

袋の中にはリンパ液が入っていて、

感覚毛という筆先がどのぐらい、どちらに揺れたのかを電気信号化するのです。

3つの円は縦、横、斜めの3次元に対応していますよ。

 

この平衡覚と視覚の情報がずれたものが「(乗り物)酔い」です。

視覚情報は「停止!」しているのに、

傾き情報は「まだ動いてるよ~」と中枢に伝えられ…

判断に困った結果が、あの気持ち悪い「酔い」状態になります。

 

味覚についてのおはなしに移ります。

味覚を感じ取るところは舌の味蕾(みらい)。

ここで感じ取る情報が電気信号に変えられて、中枢に届きます。

 

ここで注意。

味覚情報を伝える脳神経は1本ではありません!

舌の前2/3は第7脳神経(顔面神経)、

舌の後ろ1/3は第9脳神経(舌咽神経)が味覚を伝える神経。

しかも「舌ざわり」は第5脳神経(三叉神経)が伝達担当

小さいところなのに、3本も脳神経を使っているのですね。

…本当は舌の運動を担当する第12脳神経(舌下神経)もあるから、4本ですが。

 

舌ざわりが別区分…?

「味覚」って、何を感じ取ることなの?

 

それは次回のおはなしですね。

味覚担当の味蕾についても、次回もう少し説明しますよ。