7 体温のおはなし(4)内分泌系(全般)(3)

((2)下垂体の続き)

下垂体ホルモンの出すぎの原因に

「下垂体腫瘍」があります。

大部分は、転移をしない良性腫瘍。

増えた細胞のせいでホルモンを多く出すようになる

過剰産生タイプが約6割。

ホルモンとは無関係なタイプが残りの約4割です。

 

下垂体腫瘍の共通症状は、頭痛と視野障害。

すぐ近くに視神経の視交叉があるせいですね。

ホルモンとは無関係の腫瘍でも、

周囲を圧迫することに変わりはありません。

失明の可能性はありますし、

脳圧亢進から脳ヘルニアを起こすと生命のピンチ到来です。

 

ホルモン産生過剰タイプだと、

その過剰になったホルモンの作用が強く出すぎます。

成長ホルモン(GH)過剰では、

高血圧・耐糖能異常のほか、鼻や口唇の肥大、

下あごの突出、眉弓部の膨隆等の先端巨人症状顔貌が出てきます。

プロラクチン(PL)産生過剰だと、

産後のように月経不順、不妊、無月経、性欲低下が見られます。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)過剰だと、

副腎皮質ホルモン過剰症のクッシング症候群が出てきます。

成長ホルモン過剰では、

高血圧・糖尿病を合併しやすくなりますから、

元の病気に加えて、

糖・脂質代謝異常や動脈硬化症疾患も用心した看護が必要です。

2 甲状腺と副甲状腺の異常

首の、甲状腺と副甲状腺に入りましょう。

ここからは現場にあたる

個別のホルモンのおはなしになります。

一応「視床下部や下垂体がおかしいと、

ここから先は影響を受けるぞ!」という意識は、お忘れなく。

 

(1)甲状腺

甲状腺ホルモンには代謝に関係する

トリヨードチロニン(T3)・チロキシン(T4)と、

骨に作用するカルシトニンが含まれます。

甲状腺ホルモンが過剰になる代表例は

「バセドウ病(バセドウ氏病)」。

甲状腺刺激ホルモン(TSH)受容体抗体のせいで、

甲状腺が刺激され続けて、甲状腺ホルモンが出すぎます。

「抗体」の文字からお分かりのように、

自己免疫疾患の一種ですが、

でも「なぜ」そんな抗体ができてしまうのかは不明です。

甲状腺の腫れ、代謝亢進による体温上昇・動悸に加えて、

眼球突出が特徴!

眼球突出は常に出る症状ではありませんが、

ひどくなると目を閉じられなくなって

角膜に潰瘍ができてしまうこともあります。

 

治療としては手術、抗甲状腺ホルモン薬、

放射線治療(131I-内用)などがあります。

放射線治療は、18歳以下には原則不可。

妊娠中、授乳中、妊娠可能性のある人、

6か月以内に妊娠予定の人もダメです。

長期戦にはなりますが、治療すればしっかりと治ります。

身体疲労のみならず、

気分の上下も激しくなりますので、しっかりサポートしましょう。

甲状腺中毒症の劇症型「甲状腺クリーゼ」には要注意です。

中枢神経症状に加えて循環不全を起こし、

ショックにつながりかねません。

 

「甲状腺中毒症」というのは、

「甲状腺ホルモンがたくさんあること」で

体に悪影響が起きたこと。

バセドウ病でも起こりますが、

甲状腺の組織が外傷等で破壊されたときや

体外から薬を入れたときでも起こります。

「甲状腺機能亢進症」というのは、

「甲状腺ホルモンの産生が増えたこと」で

体に悪影響が起きたこと。

バセドウ病は当てはまっても、

外傷等や薬では当てはまらないことを忘れないでください。