11 ホルモンのおはなし(6)

下垂体前葉が終わったので、後葉のおはなしです。

中葉は…変態しないヒトではスルーしますからね。

 

下垂体後葉から出るホルモンは2つ

オキシトシンバソプレッシンです。

オキシトシンは乳汁射出ホルモン

同時に子宮復古ホルモンでもあります。

母乳を出させて、子宮を早く産前の大きさに戻す。

「母乳で育てると産後の肥立ちが早い」に直接関係するホルモンです。

他にも神経伝達物質としての作用があることが分かっています。

男性の性に関する働きは残念ながらまだよくわかっていませんね。

 

バソプレッシンは尿量に直接関係してくるホルモンです。

「抗利尿ホルモン」とも呼ばれます。

「利尿」とは、尿(量)を出させること。

それに「抗(あらがう)」のですから、尿量を減らすホルモンですね。

腎臓のところでおはなししますが、

尿量を減らすということは、尿細管での再吸収が増えるということです。

体から出ていく水分が減る、ということでもありますね。

バソプレッシンの欠乏症は「尿崩症」

1日1~2ℓぐらいだった尿が、

ひどくなると10ℓを超えてしまいます。

点滴をしていても干からびてしまいそうな数字ですね。

 

ここまでが頭部から出るホルモン。

続いて首(頸部)から出るホルモンに入ります。

首のホルモン産生場所は「甲状腺」と「副甲状腺」です。

ちょうど蝶ネクタイをつける位置で、蝶ネクタイ型をしているのが甲状腺

その蝶ネクタイの水玉模様のように甲状腺にのっているのが副甲状腺です。

 

甲状腺からはヨウ素を原料としたホルモンが出ます。

効果が強いT3(トリヨードチロニン)と、長持ちのT4(チロキシン)です。

どちらも全身の代謝をコントロールするホルモン。

具体的には酸素消費や熱産生を促進して、基礎代謝の維持に働きます。

材料はミネラルのところでおはなししたヨウ素(ヨード)ですね。

欠乏症はその名のごとく「甲状腺機能低下症」

代謝の低下が原因で、倦怠感・動作緩慢が治りません。

過剰症はこれまたその名のごとく「甲状腺機能亢進症」

甲状腺が腫れるだけはなく、

眼球が突き出し、頻脈で疲れてしまいます。

代謝は、高すぎても低すぎても問題ですね。

あと、忘れてはいけないのがカルシトニン

ヨウ素からできていない甲状腺ホルモンです。

カルシトニンは骨に働いて、

カルシウムが血液に溶けだしていくのを防いでいます

骨の代謝を考えたら、決して軽視できないホルモンですよ。

 

副甲状腺ホルモンについては…結構おはなしすることがあります。

次回にすることにしましょう。