10 各論5:体温(感染・免疫):①感染入門

感染と免疫のおはなしに入りますよ。

「体温」に関係するパートの最後ですね。

前半が感染、後半が免疫(血液系)のおはなしになります。

 

感染は、とても広範囲です。

下手をすると微生物学全部が範囲に入ってしまいます。

それはさすがに無理がありますので…。

ある程度は「よく出る」薬のおはなしに限定しますよ。

 

感染パートの進行予定としては、

このイントロダクション(概論?復習?)のあと、

細菌→原虫→真菌→ウイルスと進む予定です。

…おはなしする順番にいかんせん統一性がありませんが、

そこはご容赦を。

「え?どこが変なの?」と思った人。

今からの微生物学概論で「変」の理由を理解してくださいね。

 

まずは大前提。

ヒトは真核細胞の多細胞生物です。

これは生物で勉強したはず。

 

微生物学等で出てくるもの(異物、病原体)は、

「生物」と「生物?」に分けることができます。

「生物」に入るのは細胞からできている真菌、原虫、細菌。

「生物?」に入るのはウイルスです。

生物は細胞で出来ていて、自分で増えることができます。

ウイルスは細胞でできておらず、自力で増えることができません。

だから薬がどこに効くかを考えるとき、

「生物」組とウイルスには大きな違いがあります。

どう違うのかについては

「抗ウイルス薬」のところでおはなししますね。

 

では「生物」の中も分けていきますよ。

原核生物は細菌だけ。

真菌と原虫は真核生物です。

核がなくて、DNA(遺伝情報)が細胞内に散らばっているのが原核生物。

核の中にDNAをしまっているのが真核生物ですね。

ヒトの細胞と同じかどうかで、原核生物の細菌とは大きな違いがありますね。

そこに注目して生まれたのが「抗菌薬」の一種「抗生物質」です。

 

真核生物でも、

単細胞か多細胞かで分けることができますね。

真菌は、単細胞でも多細胞でも生きていけます。

原虫は単細胞生物です。

多細胞生物としてヒトに近い真菌と、

ヒトとは遠い原虫に分けることができました。

 

以上をもとに、ヒトに近い順に並べると真菌、原虫、細菌、ウイルス。

遠い順に並べるとウイルス、細菌、原虫、真菌です。

おはなし予定の順番が変なこと、分かってくれましたか?

変な順番になった理由は感染機会の多さ。

イコール、薬の使用頻度の高さです。

その結果、耐性菌のおはなしが出てくることにもなりますよ。

 

次回から「細菌に効く薬」のおはなしです。