10 各論5:体温(感染・免疫):③原虫に効く薬(2)

赤痢アメーバとマラリア原虫に対しては、もう日本も無縁ではいられませんね。

 

マラリア原虫は、名前の通りマラリアのもとになる原虫。

赤血球に感染して増殖し、食い破って血液中に幼生(幼虫)がでるたびに高熱が出ます。

三日熱マラリアは約48時間おき、四日熱マラリアは約72時間おき。

卵形マラリアは約50時間おきに高熱です。

発熱周期にパターンのない熱帯熱マラリアもあります。

マラリア原虫に入り込まれにくい鎌状赤血球は、

酸素運搬能力が低いものの特定地域では有利な遺伝情報。

マラリア発生地域では鎌状赤血球が残っているおはなしは、

生化学の単一遺伝子疾患のところでしましたね。

 

マラリアに効くお薬は塩酸キニーネ。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00000743

赤血球から出てきた幼生には効きますが、赤血球の中にいるときには効きません。

 

禁忌はH1ブロッカーのアステミゾール使用中です。

H1はヒスタミンの受容体の1つ。

塩酸キニーネによる相互作用で血中アステミゾールが増え、

重い心血管系副作用が出てしまいます。

あと、胎盤を通過しますから妊娠・妊娠可能性のある人も禁忌です。

併用注意にワーファリンと抗ウイルス薬のリトナビルもありますね。

 

赤痢アメーバは、これまた名前通り赤い下痢を引き起こすアメーバ。

飲食物にシスト(休眠状態)が入り込む感染が主ですが、

性行為多様化による肛門からの性感染側面もありますよ。

 

メトロニダゾール(テラジール)が赤痢アメーバに効くお薬。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00054871

菌や原虫の細胞内で代謝されると、DNAを切ってしまう働きがあります。

 

禁忌は妊娠3か月までと、脳や脊髄に器質疾患のある人。

胎児に移行してしまうので、胎児のDNAを切断されてはたまりませんね。

脳や脊髄の器質疾患があると、

けいれん、意識障害、小脳失調症状等の中枢症状が出てしまう可能性がありますよ。

 

メトロニダゾールは、細菌性の腸炎や膣炎、

ピロリ菌やトリコモナス症にも使われます。

アルコールをはじめ併用注意がありますので、

一度併用注意欄にも目を通しておいてくださいね。

 

次回はトリコモナス原虫から性感染症原因病原体にも入っていきましょう。