14 各論8:ウイルス(2)RNAウイルス(4)

E レトロウイルス科

お次はレトロウイルス科。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)と、

ヒトTリンパ球向性ウイルス1(HTLV-1)のいるグループです。

エンベロープ付きの正二十面体構造ですね。

「レトロ」の名は「古臭い、昔っぽい」の意味ではありません。

レトロウイルスはウイルス中のRNAと逆転写酵素から、

ウイルスDNAを作ります

(逆転写:DNAからRNAを作る「転写」の逆)。

そのウイルスDNAを感染した細胞のDNAに組み込んで、

ウイルスを増殖させるのです。

逆方向(retro:レトロ)の転写をするので、

「レトロウイルス」ですよ。

輸血で感染することがある(血液感染する)ので、

献血血液スクリーニングの対象。

もちろん、医療従事者は針刺し事故に注意ですね。

 

(A)ヒト免疫不全ウイルス(HIV)

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、

最終的に後天性免疫不全症候群(AIDS)を引き起こすウイルス。

ヒト免疫不全ウイルスに感染した後は、

感染症法5類感染症として

届出対象(性感染症定点報告)になるだけでなく、

身体障害者(免疫不全者に対する医療補助:身体障害者福祉法)の

認定対象にもなります。

 

主な感染ルートは「血液」、「母子」、「性的接触」。

医療従事者は針刺し事故にしっかり注意して、

スタンダードプリコーション。

もう何回もおはなししてきましたよね。

母子感染は(性的接触で感染することからも分かるように)

産道感染が主なものですが、胎盤や母乳からも感染します。

日本国内の感染例の大部分(9割近く)は、性的接触による感染。

性行為で感染するということは…

「不特定多数と関係を持たない」、

「コンドームを使う」のお約束が当てはまります。

 

ヒト免疫不全ウイルスに感染しても、

しばらくはウイルス(の核酸:DNA)も

ウイルスに対する抗体も出てきません。

ウイルスが細胞の中に入り込んで、RNAからDNAを逆転写して、

ウイルスDNAを細胞のDNAに組み込んで…と

各種時間がかかるからです。

感染から抗体が陽性になるまで(約1~2か月)を

「ウィンドウ期」と言います。

ウイルスが血液中に出てきている(ウイルス血症)のに、

抗体が陽性になっていない間は

「感染性ウィンドウ期(感染約2週間後から1~2か月)」ですね。

感染性ウィンドウ期は、他の人に移すことはできるのに、

血液検査では「いないよー」と結果が出てくる危険な期間。

血液検査の対象が抗体からウイルス核酸に変わり、

感染性ウィンドウ期は短縮されましたが…ゼロにすることできません。

これ、ヒト免疫不全ウイルスが広まることになった原因の1つです。

 

次回は残った「HIVが広がった原因」のおはなしです。