12 各論7:呼吸(中枢・精神):⑦統合失調症の薬(8)

今まで、統合失調症に効くお薬を紹介してきましたが。

統合失調症は神経伝達物質の異常と共に、

心も体も大パニックになっている状態でした。

心と体、なんとかして休めてあげたいところですね。

そこを助けてくれる(そこに効く)薬が、マイナートランキライザー。

リラックス担当のGABA受容体の機能を促進してくれる、

ベンゾジアゼピン誘導体が代表格です。

 

「GABA」、「眠り」と耳にして、

「…それって、催眠剤(睡眠薬)じゃ?」と思った人はいますよね。

大正解。

マイナートランキライザーは、かなりの部分で睡眠薬と重なります。

同じ薬でも「眠り」に注目すると睡眠薬になり、

「心の働き」に注目すると抗不安薬と呼ばれるのはそのためです。

 

マイナートランキライザーは効く速さと効く時間によって

「短時間」「中間」「長時間」「超長時間」に分けることができます。

短時間としてエチゾラム(デパス)、

長時間としてジアゼパムが良く使われますが…。

エチゾラムは、短期睡眠薬としておはなしが終わっていますね。

ですから、ここではジアゼパムを紹介することにしますよ。

 

ジアゼパムは大脳皮質や大脳辺縁系のGABA受容体に働き、

過剰反応を抑制してくれます。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00003562

禁忌は緑内障、重症筋無力症。

そして抗ウイルス薬のリトナビル(ノーピア)の使用中です。

リトナビルはジアゼパム代謝酵素を競合的に邪魔して、

ジアゼパムの血中濃度を大幅に上げてしまうからですね。

 

慎重投与対象は作用が強く出うる高齢者、乳幼児、

衰弱している人や脳に器質的障害のある人。

症状が悪化する恐れのある心臓、肝臓、腎臓に障害のある人や、

中等度以上の呼吸不全がある人にも慎重に。

 

なお妊娠・妊娠可能性のある人に対しては「やむを得ぬ」レベルの使用になります。

乳汁に移行するので授乳禁止。

妊娠中使用で先天奇形や新生児仮死、

離脱症状や錐体外路症状が報告されていますからね。

 

併用注意は抑制作用が強く出すぎる可能性のある中枢抑制薬。

全身麻酔や抗てんかん薬のフェノチアジン系、MAO阻害薬やアルコールですね。

抑制作用が強まるだけでなく、急に減量するとけいれんを起こす可能性のある

マプロチリン塩酸塩は、抗うつ薬の一種(SNRI)です。

筋弛緩効果が強まってしまうので、

筋弛緩薬(ダントロレンナトリウム水和物)との併用にも注意。

あとは、本剤の血中濃度が高くなって効果が強く出やすい

消化器系潰瘍薬のシメチジンやオメプラゾール、

キノロン系抗菌薬のシプロフロキサシン、

抗うつ薬の一種(SSRIのフルボキサミンマレイン酸塩)との併用にも注意ですよ。