9 呼吸器系のおはなし(1)通り道と赤血球(7)

「喘鳴」が出てきたので、

肺雑音について少し補足しますね。

胸部に聴診器を当てたときの、

呼吸時の正常音は分かりますか?

自分の胸に聴診器を当てると聞こえる

「スースー」「サーサー」という通過音、

それが正常音です。

 

正常が分かったところで、異常を確認。

笛のような「ヒューヒュー」という音

(電線の風切り音)が、笛様音。

本によっては「飛蜂音」ともされていますね。

通り道の気管や気管支が狭く、

勢いよく空気が出入りしている音です。

 

いびきのような「ゴゴ~」「ずぞー」という音

(連続的なうなり音)が、いびき音。

本によっては「乾性ラ音」ともされています。

大きな分泌物等で通り道が閉塞されている音です。

 

水の泡のような「ぶくぶく」「ポコポコ」音が、水泡音。

本によっては「湿性ラ音」ともされています。

分泌物等液体の中を空気が通っている音ですね。

 

そして髪をひねるような

「ちりちり」「ピチピチ」という音が捻髪音。

本によっては、これも「湿性ラ音」とされています。

これはもう少し先でおはなしする

肺胞がうまく伸び縮みできていないときに出る音。

ちょっと音がイメージしにくいのですが…

ゴムが古くなってきしんでいるところを

思い浮かべてくださいね。

 

(4)睡眠時無呼吸症候群

睡眠中の通り道が狭くなるのが

「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」。

睡眠中に呼吸異常が起こるもので、

気道が閉塞してしまって

努力して呼吸している「閉塞型」と、

閉塞はないけど呼吸異常の「中枢型」に分けられます。

ここでの「無呼吸」は10秒以上の呼吸停止のこと。

「低呼吸」は、3~4%以上の

経皮的動脈血酸素飽和度(SpO₂)低下を伴う、

10秒以上の気流の減少です。

3~4%も酸素と結合している

赤血球のヘモグロビンが減る以上、

空気の流れはあっても細胞にとっては無呼吸と同じ扱い。

実際に短期覚醒を引き起こして、睡眠の質が低下しています。

 

上気道の咽頭から喉頭にかけては、

変な立体構造になっているのは事実。

ここに肥満等の因子が重なると、

俄然発症可能性が高まってきます。

日中の過度の眠気や、

家族等による指摘(呼吸停止、大いびき)で気付くことが多いですね。

 

軽いうちならマウスピースで対応できます。

中~重度では、鼻マスクによる

持続気道陽圧療法(CPAD)を持続使用することに。

甲状腺機能低下症や末端肥大症を併発している人は、

これらの基礎疾患の治療で改善することが多いですね。

 

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧原因の1つです。

途中の短期覚醒で、活動モード担当の

交感神経系(血圧上昇)が優位になるタイミングが増えてしまうから。

予防のためにも、栄養と運動の両側面から肥満を解消しましょう。

酒やタバコ、睡眠薬や精神安定剤も

可能なかぎり控えたいところです。

眠るときに横を向く(側臥位睡眠)も、

呼吸停止を防ぐ有効手段ですよ。