12 各論7:呼吸(中枢・精神):④睡眠薬(2)

「短期」睡眠薬の例として、エチゾラム(デパス)のご紹介。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00060755

こちらも飲んだことのある人はいそうですね。

禁忌や妊娠・妊娠可能性のある人や授乳中の人、

小児に対する扱いはトリアゾラムと同じです。

トリアゾラムの原則禁忌だった呼吸機能の低下がある人は、

慎重投与対象に含まれています。

他の慎重投与対象は肝臓や腎臓に障害のある人、高齢者、小児、

衰弱している人や脳に器質的障害のある人ですよ。

これらは薬物の一連の代謝や、

呼吸抑制が起こったら大変なことになりそうな人たちです。

小児は慎重投与対象内ですが、安全性は未確立ですからね。

 

併用注意には本剤の効果が強く出る

中枢抑制薬、MAO阻害薬、アルコールに加えて

フルボキサミンマレイン酸塩の名前が上がっています。

これは選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれる精神の薬。

もう少し先のおはなしの主役です。

 

「長期」の例としてはフルラゼパム塩酸塩(ダルメート)を紹介しましょう。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00048427

妊娠・妊娠可能性のある人や授乳中の人、小児への取り扱いは

他の睡眠薬と共通しています。

 

でも、禁忌がちょっと増えますよ。

緑内障と重症筋無力症が含まれるのは、もう大丈夫ですね。

本剤に対するアレルギーのある人も禁忌ですが…

アレルギー対象に「ベンゾジアゼピン系の薬」も含まれていますね。

ベンゾジアゼピン系の薬は、

リラックスモードに関係するGABAを増強する働きのある精神の薬。

「短期」のエチゾラムのところで出てきたフルボキサミンマレイン酸塩同様、

もう少し先の主役になるお薬です。

あと、抗ウイルス薬(抗HIV薬)のリトナビルも同じ酵素を使うため、

過度の呼吸抑制が起こる可能性があります。

だからトリアゾラムと同様に禁忌ですね。

 

原則禁忌はぜんそくや肺気腫のように呼吸機能が高度に低下している人。

呼吸抑制のせいでCO₂ナルコーシスが起こりやすいからですね。

 

慎重投与対象は心臓・肝臓・腎臓の障害がある人と高齢者や小児。

併用注意はフルラゼパム塩酸塩の効果を高めてしまう

中枢抑制薬、MAO阻害薬、アルコール、鎮痛剤。

あとはH2受容体に拮抗する消化管潰瘍薬のシメチジンもここに含まれてきます。

 

麻酔と睡眠薬のおはなしは、これで一段落です。