2 「健康」とは:(2)「よく生きる」ために(2)

ヒトの環境として忘れてはいけないものに「住居」があります。

動物にとっては「巣」ですね。

「住居」は動物の「巣」よりも複雑で、

しかもヒトは火を使うため「安全」の重要性が高まります。

一度出火してしまうと、「住居」を失うことになりかねません。

 

もちろん天災のように(ヒトの手ではどうにもできないという点で)

動物一般と共通して「安全」が害されることはあります。

でも、ヒトは「住居」に対する(金銭的・心理的)依存が大きいもの。

そして堤防や防風林のように「安全」のために対策しうる方法が数多くあります。

だから「住居」と「安全」も、

「(動物として)よく生きる」ために考慮する必要のある要素なのです。

 

あと、ペットショップの例で考えてみたとき

「運動」も「(動物として)よく生きる」ために必要な要素です。

運動には、空間と安全(けがをしないこと)が必要。

「清潔な環境」と「安全」の重なるところに

「運動」があると考えることができそうです。

ヒトに置き換えても、同じことですね。

ここでマズローの基本欲求を確認してみましょう。

下から2番目は「安全欲求」。

安全な暮らしと、健康が具体例ですね。

「安全」については、今まで「各種環境」という視点から考えてきた通り。

 

では「健康」ってなんでしょう?

 

WHO憲章によると…。

「健康とは、肉体的・精神的及び社会的に完全な良好な状態であり、

単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」とあります。

少なくとも、まだ「社会的」な側面については確認していませんね。

マズローの基本欲求では、次の段階が「社会的欲求」になります。

とりあえず「(動物として)よく生きる」状態になったと仮定して、

次の段階に進むことにしましょう。