2 「健康」とは:(4)「ヒトとしてよく生きる」ために(1)

「(動物として)生きる」、「(動物として)よく生きる」、

「ヒトとして生きる」をクリアーしてきました。

次は「ヒトとしてよく生きる」段階ですね。

 

「ヒトとしてよく生きる」とはどんな状態か。

少々イメージが難しいかもしれません。

質問を変えてみましょう。

「どんな状態なら、ヒトとして生きていることを楽しめますか?」

「あなたはどう生きたいですか?」

これなら、どうですか?

 

「好きなことだけやって、好きなものを食べて、

周りから余計なことを何も言われずに生活したい!」

「好きな人と一緒に暮らして、お金の心配せずに旅行出来て、

友達と楽しく遊びたい!」

 

他にもいろいろあると思います。

とりあえず、金銭の願望は一度横に寄せて。

 

多くの人には「自分を大事にしたい」側面と、

「自分が(他の人よりも)認められたい」側面が見え隠れしているはずです。

 

「好きなことをしたい」は、

「自分のしたいこと」を大事にしていることと同じ。

「(恋愛にせよ友愛にせよ)好きな人と一緒にいたい」は、

「自分を認めてくれる(とうれしい)人といたい」と同じことですね。

 

マズローの基本欲求の4段目(上から2番目)は、承認欲求。

名誉や自己尊重と表現されることが多いですね。

自己尊重は、自分のことを大事にすること。

名誉は他人に自分が認められることで得られるもの。

「自分が認められたい欲求(自分を認めてほしい!)」が、

承認欲求ですね。

 

つまりマズローの承認欲求は、

先の「あなたはどう生きたい?」が反映されてくる段階です。

3段目で出てきたソーシャルネットワークやオンラインゲームは、

4段目の欲求もみたせる可能性があります。

だから(これまた金銭的要素を抜きにしても)、

「一度はまると抜け出せない」ものなのです。

 

マズローの基本欲求1段目から4段目までは、

欠けているものをみたしたい「ニード」と表現されます。

そして欠けているものをみたそうとするとき便利なものが、

先程から横に寄せておいた金銭です。

 

金銭がないとみたせないニードはたくさんあります。

「お金がなくて食べられない(生理的欲求)」が代表ですね。

1段目の生理的欲求と2段目の安全欲求の欠けに対しては、

国がある程度の予算を設けて介入しています。

それが後でおはなしする生活保護です。

 

でもそれ以上は自力でニードをみたす必要があります。

手っ取り早く欠けをみたすために便利なものが「お金(金銭)」なので、

金銭さえあれば自分のしたい暮らしができそうですが…。

ちょっと待ってください。

お金だけでは、手に入らないものがあります。

それが、マズローの5段目のおはなしです。