10 各論5:体温(感染・免疫):②細菌に効く薬(2)

抗生物質改良後のおはなし。

殺菌系のもう1つアミノグリコシド系と静菌系の

「セントラルドグマを邪魔する薬」の誕生です。

 

アミノグリコシド系抗生物質は、

セントラルドグマ(とタンパク質)の復習にぴったりです。

セントラルドグマにはキーワードがありました。

DNAをもとにDNAをコピーする「翻訳」、

DNAをもとにRNAをコピーする「転写」、

mRNAの情報をもとにアミノ酸をつなげてタンパク質を作る「翻訳」でしたね。

DNAに記録してあった遺伝情報通りにアミノ酸をつなげれば、

作りたいタンパク質の1次構造が完成。

あとは立体化していけば望む働きの

タンパク質(膜タンパク質や酵素など…)が作れるはずです。

 

アミノグリコシド系抗生物質は、

mRNAの情報とは違うアミノ酸をつなげてしまう働きがあります。

タンパク質の1次構造が変われば、立体構造が変わり、働きも変わってしまいます。

これについては生化学の鎌状赤血球症で確認済みですね。

望む働きのタンパク質ができないと、

細胞は生きることも増えることも難しくなります。

その結果細菌が死んでしまうのが、アミノグリコシド系抗生物質です。

 

アミノグリコシド系抗生物質として、

ゲンタマイシン(ゲンタシン)を紹介しますね。

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00056372

細菌にはよく効きますが…選択毒性はありません。

ヒトの細胞にも効いてしまいます。

 

要注意地点は腎臓と第8脳神経領域。

ゲンタマイシンが代謝されてできたものは、腎臓にとって毒物。

尿細管の働きが邪魔されて、急性腎不全を起こす危険性があります。

第8脳神経(内耳神経)の担当は聴覚と平衡覚。

どちらも耳の中にある細い毛(有毛細胞)が働いているところですが、

ゲンタマイシンはそこにも悪影響!

難聴や音階変化は薬中止後も残ってしまう危険があります。

 

禁忌にあるバシトラシンは、

抗生物質の一種(βラクタム系抗生物質)ですね。

 

「もう少し細菌への効きは弱くてもいいから

ヒトへの悪影響を少なくできないかな…?」

これが、静菌系の抗生物質のスタートになりますね。

 

静菌系抗生物質も、やっぱりたくさんの種類があります。

簡単なグループ分けとその名前、どこに働くものかをまとめておきますね。

 

「テトラサイクリン系」は、

mRNAにアミノ酸を合わせていくところ

(正しいものを持ってきたかチェックするところ)を邪魔する薬。

「マクロライド系」は、

タンパク質合成担当の細胞小器官リボソームが

mRNA上を動いていくところを邪魔する薬。

「クロラムフェニコール系」と「リンコマイシン系」は、

アミノ酸がつながって(ペプチド結合)

タンパク質になろうとするところを邪魔する薬です。

 

出会う機会が多いのは、テトラサイクリン系とマクロライド系ですね。