5 脳神経系と内分泌系のおはなし(6)

味覚のおはなしの続きです。

 

味覚とは、いわゆる「五味」のこと…なのですが。

味蕾が電気信号化する刺激のうち、ここでの「五味」とは

甘味・酸味・塩味・苦味・うまみのことです。

日本人だと「ああ、そうね~」で済みそうですが、

他の地域では異論あるところだと思います。

同じアジア圏でも中国では「うまみ」を外して「辛味」が入りますし、

インドでは中国の五味に「渋味」を入れた六味が代表です。

この辺りは地域・文化特性があって楽しいところですから、

興味がある方は自分で調べてみてくださいね。

 

これら「味覚」を担当するのは味蕾

舌の粘膜上にいる味蕾が、各種刺激を電気信号に変えてくれます。

味蕾が受ける刺激は、熱い、冷たい、辛い、苦い、酸っぱい、しょっぱい…。

これ、かなりの結構重労働です。

すぐに傷んでしまうため、味蕾は約10日で新品と交換になります。

ここで「へー、10日か~」で終わってはいけませんよ。

少なくとも10日に1回は、細胞分裂が必要だということです。

細胞分裂に必要なものは何でしたっけ?

最低限、ビタミンB12と葉酸はDNAをフルセットコピーするために必要でしたね。

そして細胞膜のために脂質とタンパク質が必要です。

さらには、

味蕾が働くために亜鉛(Zn)を食べ物から吸収しておかないといけません。

これらが、10日に1回、いつも必要になるのです。

しかもビタミンB群は水溶性!

常に尿として体外に出ていってしまうから「食べ貯め」は効きません。

だから、毎日の食生活を大事にする必要があるのです。

 

お次は嗅覚(匂い)。

食べ物を食べるとき、風邪などで鼻が詰まっているとあまりおいしく感じません。

確かに体調が悪いときには舌の上に舌苔がたまり、

味覚を感じ取りにくくなりますが…原因はそれだけではありませんよ。

嗅覚は、「おいしさ」にかなりの影響を与えます。

私たちは食べ物を味覚だけでなく嗅覚でも「味わって」いるのです。

 

そんな嗅覚担当は嗅覚上皮細胞(嗅細胞)

鼻の空間(鼻腔)の天井部分に、約500万個あります。

これらの嗅覚上皮細胞が

約1000種類あるとされる匂いを電気刺激に変えてくれます。

中枢に届けるのは第1脳神経(嗅神経)の役目です。

「どうして視覚が1番じゃないの?嗅覚なんかそこまで使わないよ?」

 

それは、ヒト基準の考え方ですね。

動物は、嗅覚を最大限に活用して生きてきました。

食べられるものを探す、自分より強い相手の存在を知ったら隠れる、

繁殖に適した相手を探す…全部、嗅覚のお仕事です。

進化の過程で視覚情報を重要視するようになっても、

やっぱり動物の生存にとっては「嗅覚こそ大事!」なのです。

ここは中枢(脳)のところで、もう1度出てくるおはなしですよ。