4 消化器系のおはなし(10)

排出のおはなしですが、出される「便」について補足。

前回「便の約1/3は水」といいました。

残りは約1/3が食べ物だったもののかす(食物残滓)、

約1/3が腸内細菌の死骸です。

 

「…細菌?!大変!病気!」なんて早とちりしないでくださいね。

腸内細菌は、ヒトが生きていくうえでとても大事な友達。

腸内細菌は菌叢(フローラ)を作って腸管内で生きていますが、

その大部分は人に害を及ぼしません。

大腸菌のように体外に出てしまうと有害なものはありますが、

原則は腸管内無害。

むしろ私たちにビタミンを作ってくれる「善玉菌」すらいるくらいです。

善玉菌という名前の菌がいるわけではありません。

ヒトにとって「いい(ものを作ってくれる)菌」を、

まとめて「善玉菌」と呼んでいるだけです。

普段ビタミンKやビタミンB6の欠乏症にならずに済むのは、

善玉菌のおかげなので腸内細菌には「感謝!」ですね。

もちろん、体の中に入ってきたら問答無用で有害な細菌もいます。

そちらは微生物学でたくさんお目にかかれるはず。

…で、そんな細菌たちが体の中に入り込んできてしまったとき、

腸管は一刻も早くそれらを体の外に出そうとします。

それが下痢の一因

例えば冬場に猛威を振るうノロウイルスによる下痢では、

下痢止めを使ってはいけません。

下痢止めを使うということは、腸管の動きを止めてしまうということ。

つまり、腸管内にノロウイルスが滞在する時間が長くなります。

ノロウイルスは小腸上皮細胞を抜け落としてしまうため、

ノロウイルスがいる時間が伸びれば、どんどん状態は悪化していきます。

…だから、苦しくても下痢止めを使わずに

ノロウイルスを腸管外へ押し出してしまう方がいいのです。

もちろん、場所が中途半端なので上(上部消化管)からも

食べ物と一緒にウイルスの追い出しは行われます。

これが「嘔吐」です。

 

以上、腸内細菌のおはなしついでに、下痢の原因についておはなししました。

細菌ではなくウイルスの例でしたが、原理は一緒。

「どうして下痢や嘔吐の必要があるのか」

そこが分かると、微生物学や病態学の勉強がすすみますよ!

 

体外への出口、直腸・肛門付近も確認しておきましょう。

出口から5~6㎝程上にある「コールラウシュひだ」は覚えてしまいましょう。

これ、肛門から薬を入れる浣腸で重要になります。

肛門から薬を入れるとき、

肛門部だけではなくもっと前(S状、下行結腸等)に薬を届かせたいことがあります。

そのとき、このひだより奥にいれないと薬は前部に届きません。

あまり奥に入れると、浣腸の種類によっては直腸部に傷がついてしまうので、

長さは正確に把握してくださいね。

また、浣腸では結腸の走行も大事になります。

浣腸時に体を横にして(側臥位)薬を注入しますが、

左を下にした側臥位(左側臥位)にしないと、薬が結腸へと流れていきませんよ

結腸の走行を思い出してみましょう。

右は小腸とつながっている上行結腸、左が肛門につながる下行結腸です。

しかも側臥位になったとき肛門より下に位置して薬が流れるのは、

左側臥位にしたときの下行結腸ですよね。

文字でイメージできないときには、図を横にしてみてくださいね!