9 呼吸器系のおはなし(1)通り道と赤血球(5)

(2)気管支炎

気管支粘膜の炎症が、気管支炎。

原則2~3週間で治る急性気管支炎と、

それ以上かかる慢性気管支炎に分かれます。

急性気管支炎は主に微生物が原因で、

咳や痰、発熱等の症状が出ます。

痰が黄色の膿性だと、おそらく細菌性。

抗生剤が出されることが多いですね。

痰が白色の粘性だと、

ウイルス、マイコプラズマや肺クラミジアかもしれません。

こちらはそれぞれの微生物に応じた薬物療法ですね。

急性の基本は、3週間ぐらいまでには治ること。

でも肺胞(肺実質)の炎症…

肺炎になってしまうこともあります。

だから感染する前に手洗い、うがい、

マスク等で予防しましょうね。

慢性気管支炎になってしまうと、

咳や痰が3か月以上続きます。

痰が出ているということは、

追い出したい異物があるか、

分泌が必要以上に亢進しているということ。

分泌亢進の主原因はタバコの刺激。

炎症を起こしている気管支を広げる薬(気管支拡張薬)や

痰を出しやすくする薬(去痰薬)を使うことになりますが、

何よりもタバコを止めることが一番です。

 

慢性気管支炎の1つが「びまん性汎細気管支炎」。

細気管支(呼吸気管支領域)に、

広がって起こる(びまん性)慢性炎症ですね。

かなりの確率で、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)とセットです。

 

副鼻腔は、外気を加湿し、加温する迷宮でしたね。

慢性副鼻腔炎は長引く鼻づまり(鼻閉)、

鼻水(鼻汁)、咳、膿性痰と呼吸不全が特徴。

「副鼻腔で炎症を起こして、そのせいで

鼻腔の空気通過が妨げられて、呼吸がうまくできない。

さらに気道にまで炎症原因の細菌が入り込んだせいで、

咳も痰も出ている…」という状態。

だから慢性副鼻腔炎の治療

(抗炎症、抗生物質等の薬物療法)が行われると、

気管支炎の症状も軽減します。

 

いずれにせよ、膿性の痰が毎日大量に出ます。

夜間にたまるので、朝起きたらしっかり痰を出しましょう。

頭を下げた体位を取り、

タッピングやバイブレーターも活用して、

重力と振動の合わせ技で異物の追い出しをお手伝い。

かぜやインフルエンザ等の感染症で症状が悪化しますから、

家族ぐるみでワクチン接種の必要がありますね。

あとは咳によるカロリー消費を考慮した食事と、

不安定になりがちな精神状態をフォローしてあげてください。