4 消化器系のおはなし(2)

消化器系の始まりは口。

口は細かくするところですね。

歯で物理的に細かくするだけではなく、

だ液で化学的に細かくするところでもありますよ。

 

だ液といえば、糖質消化酵素のアミラーゼ。

だ液が出るところは3か所あります。

舌の下「舌下腺」と、耳の下「耳下腺」、下あごの「顎下腺」です。

文字通りの位置にあるので、イメージしやすくていいですね。

おたふくかぜ(ムンプス)の正式名称は「流行性耳下腺炎」。

耳の下あたりにある耳下腺が腫れて、

「おたふく」のような外観になるから…ですね。

 

物理的に細かくする主役は何といっても歯。

歯がしっかりしていないと、

ここから先に進む食べ物を小さくすることができません。

食べ物を小さくできないと、

消化酵素が働くことのできる「表面」が減ってしまいます。

つまり、消化酵素の働きが悪くなってしまうのです。

これではちゃんと栄養のある食べ物を取っても、十分に体内に取り込めません。

だから歯(と口腔衛生)は大事なのです。

 

歯は大人で32本

子供の歯(乳歯)は20本で、抜けると大人の歯(永久歯)が生えてきます。

これはあごのスペースの問題。

32本分の十分なスペースを確保できるまでには、時間がかかります。

だからそれまでは20本の乳歯で頑張ってもらい、

あごの骨が十分に成長したら、永久歯に交代です。

残念ながら、永久歯は抜けたら代わりはありません。

サメのようにまた生えてくる…なんてことはないので、

入れ歯やインプラントのお世話になりそうですね。

歯は、見てわかる通り生えている場所によって形が違います。

前歯は、切るための「切歯(せっし)」。

少し奥に行くと、食べ物を刺して固定するための「犬歯(けんし)」。

奥歯は臼(うす)のようにすりつぶすための「臼歯(きゅうし)」です。

これらの断面構造は大体同じ。

一番外側がエナメル質、ちょっと内側が象牙質。

真ん中に歯髄(神経)と血管があって、あごの骨の中につながっています。

歯があごの骨で支えられている部分(普段は見えないところ)では、

一番外側がセメント質になりますね。

あごの骨の周りにある粘膜が、いわゆる歯肉です。

 

先程「口腔衛生」という言葉が出ました。

口の中をきれいにしておく…そのままの意味ですが、これがとても重要なのです。

次回、虫歯(齲歯)と歯槽膿漏の怖さをおはなししますね。