4 消化器系のおはなし(1)

消化器系の目的は、

「栄養を体の中に取り入れ、いらなくなったものを体の外に出すこと」です。

何がヒトにとって必要で、

食べ物から取り入れなくちゃいけない「栄養」かは、

ある程度は「生化学」にお任せします。

三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)については

「3 糖質のおはなし」~「8 脂質代謝のおはなし」に説明があります。

「9 ビタミンとミネラル」では、それ以外の成分についておはなししてあります。

なぜそれが必要なのか、足りないとどこがおかしくなるのか。

そして捨てるときは単に「ぽいっ!」でいいのか。

ちゃんと読んで、理解しておいてくださいね。

 

さて、前置きはここまでにして。

まずは口から小腸までの吸収編です。

消化器系は「栄養を吸収する」というとても身近なおはなしです。

だからこそ、しっかり理解してほしいところでもあります。

あとは肝臓・膵臓・腎臓についても随時おはなししていきますからね。

 

最初に意識しておいてほしいこと。

消化器系は、ただの管ではありません。

消化器系がしなくちゃいけないことは何でしたっけ?

「栄養を吸収する」でしたね。

そのためには「(吸収できるところまでに)吸収できる形にしておくこと」も必要。

 

だから、栄養を吸収するところ「小腸」では

「栄養吸収スペースを限られた体腔内でできるだけ広くとる」工夫がされています。

それが小腸上皮細胞の構造

やたらと凸凹がたくさんありますよね。

凸凹には、表面積を広げる働きがあります。

凸凹がたくさんあるということは、小腸の表面積はかなり広いということ。

表面積を広げて、やってきた栄養を余すところなく吸収しようとしているのです。

 

もちろん、そこに着くまでに

「吸収できるサイズ」にしておかないと意味がありません。

物理的に細かくする代表が「歯」。

化学的に細かくする代表が「(各種の)消化酵素」

だから、私たちは歯の重要性について勉強し、

消化酵素の名前を勉強しないといけないのです。

どこから出て、何を分解してくれるのか。

そこがおかしくなると、どんな栄養の吸収に不具合が出るのか。

丸暗記なんかではありません。

「ここから出る、これがおかしいと、これこれの吸収がうまくいかない。

そうすると、体のどこどこの成分だから、あそこが悪くなるかも…」

こんな風に理解してつなげていくのです。

ここまでできれば「暗記!」は減って、

質問のされ方が変わってもちゃんと答えられるようになります。

応用問題も怖くなくなりますよ!

 

では、次回から消化器系を部分ごとに見ていくことにしましょう。