5 脳神経系と内分泌系のおはなし(3)

神経細胞の外観、分かりましたね。

今回からは、実際の働きを見ていくことにしましょう。

 

…でも「働き」と一言でいうには、あまりに多種多様。

だから、大まかに分けましょう。

神経細胞の役目は「情報を伝えること」と「情報を判断して命令すること」

情報が伝わらなければ、判断なんてできません。

だから、最初は「情報伝達」に特化した神経細胞たちのおはなしです。

 

情報伝達に特化した神経細胞たちの職場が、

「運動神経」と「感覚神経」です。

 

運動神経は、筋肉に「動け!」という情報を伝えるところ。

「動け!」という命令を出すのは脳や脊髄といった中枢です。

中枢を体の中心とイメージすると、体の中心から遠くに向かう情報の動きです。

だから運動神経は「遠心性」ということもありますね。

感覚神経は情報を入手して、中枢に伝えるところです。

中枢に向かう…今度は体の中心に向かう情報の動きですね。

だから感覚神経は「求心性」ということもありますよ。

 

簡単に「情報」と言ってしまいましたが、

中枢に伝えられる情報にはいろいろなものがありますね。

色、温度、おいしさ、臭いにおい、騒がしいざわめき…。

その中で重要な情報が「五感」と呼ばれます。

視覚(見る)、聴覚(聞く)、味覚(味わう)、嗅覚(嗅ぐ)、触覚(触る)です。

どれも大事な情報なので、

そこに対応した感覚神経と器官が必要です。

 

これからできるだけ簡単に

それらの感覚(神経と器官)について紹介していきますよ。

 

まずは視覚から。

私たちヒトは情報の大部分を視覚情報に頼っています。

視覚情報を伝えるのは第2脳神経の視神経。

この「第~脳神経」、看護師国家試験でよく出ます。

どの神経が何の情報を運ぶのか、ちゃんと覚えてくださいね。

 

視神経に「見える」情報が届くためには、いろいろな組織の協力が必要です。

ここでカメラ(デジタルではなく、アナログ)をイメージしてみてください。

カメラには、何が必要ですか?

画像を写し取る(記録する)、フィルムが必要ですね。

画像のピントを合わせる、レンズが必要ですね。

画像の明るさを決める、絞りも必要です。

これらが、「見える」ために必要なもの。

ヒトの体ではフィルムにあたる「網膜」、レンズにあたる「水晶体」、

絞りにあたる「虹彩」がそろっているのが、眼球…「目」ですね

ヒトは水晶体の厚さを変えることで、ピント調節をしています。

だから水晶体の厚み調節がうまくいかないと、

「遠くが見えない…」「近くがぼやける…」といった近視・遠視になります。

水晶体が白く不透明になってしまうと、見える画像がかすんで見えにくくなります。

こちらが白内障ですね。

 

虹彩の色は、「目の色」

人種だけでなく、個人差がかなりありますね。

「目の中に入る光の量を調節する」という意味からすれば、

濃い色(暗い色)の虹彩が一番役に立つことになります。

日本人の黒い瞳の色は、実はとても優秀なのですよ。

 

次回、残っている網膜について説明していきますね。