6 筋骨格系のおはなし(12)

骨の追加のおはなし。

足周りについて見ていきましょう。

 

「脚」の部分はシンプルです。

太ももの部分は大腿骨

脛(すね)の部分は親指側の脛骨(けいこつ)と、小指側の腓骨(ひこつ)

あとは膝の「おさら」にあたる膝蓋骨(しつがいこつ)です。

太ももの前は膝蓋腱反射でおなじみの大腿四頭筋

太ももの後ろは大腿二頭筋です。

足首から先の「足」の部分は、意外なほど骨の密集地帯

人体の骨は206個ありますが、

そのうちの56個は、「足」の骨です。

どうしてこんなに細かい骨が必要なのか。

それは、頭の重みを支える必要があるからです。

ヒトは二足歩行する動物。

しかも立った姿勢(立位)では、その全体重が2本の足にかかります。

多くの動物では4本で支えればよかったのに、

2本で支える以上「重さに強い」形が必要です。

それが足にある「アーチ」です。

 

アーチを作るためには、細かい部品がいくつか必要です。

それをうまく組み合わせることで、

重量に強い形ができる…と昔から橋やトンネルに使われてきました。

背骨(首から腰まで:頸椎から腰椎)までが一直線ではなく

前後にカーブがあるのもそのためです。

ヒトの足には3つのアーチがあります。

土踏まずの部分、足の指の親指から小指までの部分、個々の足の指

これらのアーチがヒトの重量を支えてくれているのです。

…と、いうことは。

これらのアーチが崩れてしまうと、うまく体重を支えられなくなります。

ゆかたを着たときの草履・下駄(ぞうり・げた)や、

ビーチサンダルは足に接する部分が平らですね。

これでは、足のアーチ構造がつぶれていってしまいます。

そうすると、普段使わない筋肉を使って体重を支えようとしますから…。

「なんだか、とっても足が疲れた…」ということが起こりやすくなるのです。

その足の疲れは、

慣れない服を着た(もしくは慣れない砂浜を歩いた)せいだけではないのです。

 

同様に靴の形が悪いと、足が本来の形を保てなくなります。

アーチがつぶれて疲れやすくなることも十分問題ですが、

変形してしまう「外反母趾」はもっと問題です。

女性に多い先端がとがった靴は、

足の親指(母趾:ぼし)の根本を外側に出っ張らせてしまいます。

当然、痛くて歩けたものではありません。

おしゃれだけではなく、足の健康も考えた靴選びをしてくださいね。

 

「どきっ!」としたあなた。

このおはなしを次回靴を買うときに思い出すだけではなく、

足の指を意図的に広げて、

指の筋肉に適度な刺激を与えることもお忘れなく!

アーチを保つためには、骨だけでなく

骨の周囲の筋肉だって必要ですからね!