6 筋骨格系のおはなし(11)

骨盤のおはなしですね。

骨盤(いわゆる腰骨)は上半身と下半身をつなぐジョイント部分であり、

血球のふるさとでもありますよ。

 

まず、上半身を支えるのは背骨

背骨の下の方は骨盤と一部合体してします。

仙骨のあたりです。

もっと下…の尾骨は、ヒトでは退化してしまいました。

動物のしっぽの跡ですね。

そして下半身を支えるのは太ももの骨(大腿骨)

大腿骨の先端部分(大腿骨骨頭)がはまり込む部分が、骨盤にあります。

ここのはまり込みは「球関節」

個人差はありますが、とても可動域の広い…外れる危険のある関節です。

外れるのも怖いのですが、

先端部分にかかる負担で折れてしまうことも怖いですね。

 

この大腿骨頭部骨折は、寝たきりになりやすいことでも有名です。

そもそも、普通の骨量ならそうそう折れるところではないはず。

事故以外で折れてしまったということは、すでに骨(量)が減っている状態です。

骨が再度強度を取り戻すまで(骨代謝の骨形成)の安静期間中、

何もしないでいると…今度は骨も筋肉も負荷がかかりません。

これ、骨も筋肉も減ってしまいますね。

放っておくと…待っているのは、

筋量低下で日常動作さえできなくなってしまうサルコペニアですよ。

 

骨盤は上から見たときに性差がはっきり出るところでもあります。

男性では丸みのある三角形、

女性ではほぼ円形の空間が見えるはずです。

これ、女性では赤ちゃんの通る産道になることろです。

さらに、女性では出産時には左右の骨盤を前でつなぐ靱帯(恥骨結合)も緩みます。

少しでも赤ちゃんが通りやすくなるように広げるためです。

だから男性の骨盤は小さく、女性の骨盤は大きいのですね。

 

普段「腰骨」と呼んでいるところは、「腸骨」といいます。

この左右の腸骨の上の端は、出っ張っていますね。

そこが出っ張っていないと「腰で履く」ことができません。

その出っ張りこそが、

成人後も骨髄で血球を作る数少ない赤色骨髄の残る部分(腸骨骨稜)です。

…出っ張っている骨稜は、褥瘡の注意ポイントでもあります。

褥瘡というのは、圧力による血行不良で

細胞が酸素・栄養不足になってやがて死んでしまうもの。

同じ方を向いて寝ていると、下になった方に体各所の重みがかかってきます。

普通の人はそこでなんとなく寝返りを打つのですが…

自力で寝返りを打てなかったり、

重みを感じ取る神経系が働かなかったりすると、そのまま重みがかかり続けます。

血管が重みでつぶれると…細胞のところまで血液が届きませんね。

血液が届かないと、細胞がやがて死んでしまいます。

だから、寝たきりの人には1~2時間おきに向きを変えてあげる

体位交換(や圧力がかからないようにする除圧)が必要になってくるのですよ。