7 生殖器系のおはなし(4)

振り分けミスが怖い理由は、

生殖細胞は周りの細胞がフォローしてくれないから。

そんな生殖細胞を、少し細かく確認しましょう。

男性の生殖細胞が精子

DNAを入れておく「頭部」、ミトコンドリアいっぱいの「体部(中片)」、

動かす長い毛のような「尾部」…以上です。

頭部に入っているのは、うまく半分にしたDNA(遺伝情報)。

体部で作ったエネルギーで、尾部を動かして進みます。

…他には、何もありません。

最小限の構成で、最小細胞

それが、精子ですね。

女性の生殖細胞は卵子

真ん中が、核を取り巻く卵黄、一番外側にあるのが透明帯です。

核はDNAの入っているところ。

卵黄は栄養をためておくところ。

「卵(鶏卵)」の「黄身」ですね。

透明帯は受精のあとにバリアーになるところです。

3区分なのは精子と一緒。

でも、サイズがけた違いです。

精子は約60㎛。顕微鏡必須サイズです。

卵子は約100㎛(0.1㎜)。

こちらは、点として肉眼で見えるレベルの人体最大細胞です。

この違いは「何が求められているか」から生まれます。

精子は、運動しないと受精の目的を果たせません。

卵子は、動く必要がありません。

精子がやってきて、受精してからが本番。

受精後の細胞分裂のエネルギーは、貯めておいた卵黄です。

ここにちゃんとエネルギーをためておかないと、

子宮まで転がって行ったときにちょうど内膜に入り込み、

内膜細胞内に栄養を求める「絨毛」を出すことができません。

動くためか、貯めるためか。

これが男女の生殖細胞の違いになるのです。

 

生殖細胞について一通りおはなしできたので。

生殖器官へと進みましょう。

最終的に、生殖器系は男女で大きく異なります。

でも、その始まりは共通しています。

違いができるのは「SRY遺伝子」のせいです。

胎児は、発生の途中まで男性も女性も

「尿生殖洞」「ウォルフ管」「ミュラー管」を持っています。

あるとき、SRY遺伝子が働く

ウォルフ管が成長し、ミュラー管は退化していきます。

この後、男性生殖器に成長していきます。

生殖器の外形が完成したら「一次性徴」です。

生殖可能になるのは10歳前後の「二次性徴」ですね。

もしSRY遺伝子がないと、

ミュラー管は成長しますが、ウォルフ管は途中で止まってしまいます

このまま進むと、女性生殖器の完成です。

 

次回は、男性生殖器系のおはなしに入りましょう。

精巣、精巣上体、輸精管といった狭義の生殖器系だけでなく、

前立腺、精嚢、陰茎まで含める広義の生殖器系でいきますからね。