4 髪(2)シャンプー・リンス・コンデショナー

コンディショナー(トリートメント)は、

毛小皮がはがれてしまった後に使うことが多いですね。

シャンプーで毛表面の汚れを落とした後に、

毛小皮がはがれたせいで欠けてしまった

毛皮質部分を補修するタンパク質

(ちょうどいいサイズにした「加水分解プロテイン」や

「ポリペプチド」を使います)と、

さらに表面を膜で包むための

セルロースやシリコーン油を入れてあるものが多いはずです。

プロテインは「タンパク質」のこと。

ポリペプチドは

「(いくつかのアミノ酸が)ペプチド結合したもの」ですね。

セルロースは多糖類で、植物が細胞壁を作るための成分でしたよ。

生化学で勉強してきたことは、

こんな風に見えないところで私たちの生活を支えてくれているのです。

 

以上、髪の正常と異常のおはなしでした。

ここまで読んできたみなさんは、

シャンプーやリンス、

コンデショナーについて正しく理解できたはず。

もう毎日の入浴時に髪を傷めることはありませんね!

 

そしてしつこいくらいに強調しますが…

髪も、皮膚を前提にした構造物です。

皮膚の細胞が元気じゃないなら、しっかりした髪を作れません。

皮膚の細胞が元気でいるためには…

「ヒト全身の働きが必要」でしたよね。

生化学・生理学・解剖学のある意味集大成の

「皮膚・爪・髪」のおはなしは以上です。

ちゃんと活用して、健康に、きれいになってくださいね!